やまぼうしの 退屈の無い日々

狭いながらも庭弄りをしながら、四季の移ろいを楽しんでいます。

2017-10-15 10:28:02.01週間の雑記243号(10月08日~10月14日)

10月08日(日)村上市「町屋の屏風まつり」へ

太陽

大人の休日倶楽部のツーデーパスを利用して、県北の村上市で

催されている「町屋の屏風まつり」を見に行って来ました。

直江津駅6時15分発の快速に乗り、新潟駅で乗り換えて村上駅には、

10時03分着、4時間弱ののんびりした電車の旅だったので、

先日埼玉の友人から頂いた、「猫は嬉しかった事しか覚えていない」の

本を車中で読み終えました。^^ 

 

 

 

約30年前に瀬波温泉に来て以来の村上駅前 ・・

まず、ここからバスに乗って瀬波温泉で日帰り入浴です。^^

 

 

瀬波温泉までは約15分、汐見荘か大観荘で日帰り入浴を

したかったのですが、両館とも時期や時間が合わなくて、

大観荘の姉妹館の『磐舟』で入浴できました。

お世辞にもきれいな館内とは言えませんが、 

 

 

露天風呂からの展望は、淡島が見えて景色は良かったです。^^

入浴後は、村上駅まで大観荘のマイクロバスで送って貰えたので、

ラッキーでした。 

 

 

村上駅前からタクシーに乗って、お昼はネットで事前に調べていた

村上牛が味わえる『江戸庄』へ直行しました。 

 

 

注文したのは、『村上牛レアステーキ丼(上)』と生ビール、

ビールがすぐに運ばれて来て早速喉を潤しました。

電車の旅だとこうして飲めるのがいいですね。^^

暫くしてハマグリの潮汁と一緒にステーキ丼が運ばれて来ました。

薄く切った霜降り肉は、脂に旨味があり、

舌の上で溶けてしまうほどで、とても美味しくて、

あっという間に食べ終えてしまいました。^^;

 

 

お昼の腹ごしらえが済んだところで、

『江戸庄』から歩いてすぐの鮭の『きっかわ』へ、

趣きがあって、いい雰囲気の店先です。

 

 

店内の壁に、吉永小百合さんがこの店先で立つ

『大人の休日倶楽部』のポスターが飾られていました。 

 

 

奥に入ると、まばゆいほどの金屏風や重箱などが、

飾られていて、とても雅な感じです。 

 

 

そして、土間の天井には凄い数の鮭が吊るされていて、

圧倒されました。 

 

 

『きっかわ』から駅方向に街中を屏風を展示している家を

覗きながら歩きますが、町中はひっそりとしていて、

地図にある家に行っても「休憩中」の札が出ていたり、

戸が閉まっていたりで、祭りにしてはちょっと寂しく感じました。

 

 

北限のお茶の産地と知られる村上では、有名な老舗のお茶屋さん

『九重園』に立ち寄りました。 

 

 

店の奥は真ん中に土間の通路があり、

両脇の部屋に屏風が飾られています。 

 

 

右側の部屋には虎が描かれた屏風、 

 

 

 

左側の部屋には、お茶屋さんと言う事もあり、お茶にまつわる

屏風が飾られていました。これは、大名家が茶会をする為の

準備している様子が描かれた物です。

隣の部屋には龍が描かれた屏風が飾られた茶席になっていたので、

抹茶とお菓子を頂きました。

 

 

この他にも数軒のお宅で素晴らしい屏風を見ながら、

歩いて駅まで戻り、帰りの電車に乗って新潟駅まで来ました。

5時2分発の快速で帰る予定でしたが、少し時間があったので、

駅前をぶらついている間に気が変わって、 

 

 

駅前通りの洒落た居酒屋で一杯やってから、帰る事にしました。^^; 

 

 

ここでも、まず生ビールを・・^^ 

 

 

ツブ貝のアヒージョ、海鮮チヂミ、串焼きなどをつまみに

〆の飲み物は「氷点下のハイボール」は、酔いが醒めるほどの

冷たさでした。^^; 

  

 

新潟駅から8時2分発の特急に乗って、帰って来ました。

安上がりな電車の旅を計画したのですが、新潟の居酒屋や、

ツーデーパスでは、特急は別料金と、ちょっと割高になりましたが、

リフレッシュするには、いい旅でした。^^

 

 

 

 

 

10月09日(月) 水戸市の友人から届いた荷物

太陽

この日、茨城県水戸市の友人から宅配便が届きました。 

荷を開けると、お米に

 

 

 

さつま芋と大きな栗が入っていました。

どれも、友人宅で収穫された作物です。^^

10月7日(土)に妙高山登山を予定されていて、時間があったら

お会いしたいとメールを頂いたのですが、その日は午前午後ともに

予約があったので、残念ながらお会いできない旨をお伝えしていました。

この日、お礼のメールを差し上げたら、土曜日の天気予報を見て

登山は中止にされたとの事でした。

来年は早めに連絡いただけたら、予約を入れずに空けておいて、

是非とも、お会いしたいと思っています。^^ 

 

 

 

 

 

10月10日(火) 栗の渋皮煮

曇り

水戸の友人から頂いた栗は、渋皮煮を作るために、

前の晩から水に浸しておきました。

 

 

 

皮を剥き終えるのに2時間弱・・ ^^

 

 

重曹で灰汁出しして、栗の表面を掃除して水を替えて、

何度か煮溢して、砂糖を加えて煮ました。

 

 

煮ている途中で割れたり崩れた物は、

別鍋で牛乳と砂糖で煮込んで、 

 

 

ハンドブレンダーでペースト状にしたところで、バターを加えて 

 

 

マロンクリームにしました。 

時間があったら、パイシートを焼いてサンドしてもいいかな?

とりあえずは、朝のトーストに付けて頂きます。

 

 

渋皮煮が煮あがるタイミングを見計らって、 

 

 

蒸し器で保存瓶を消毒しておき、 

 

 

保存瓶に3本、タッパーに3個詰めて出来上がりです。 

 

 

 

 

 

10月13日(金) さつま芋のグラタン

雨曇り

この日の朝、用事があって岩の釣り名人宅へ・・ 

玄関近くで、エンゼルトランペットの花が咲いていて、

とても見応えありました。

 

 

 

家のホトトギスも白に続いて咲き始めています。 

薄紫色の花

 

 

紫色の花 

 

 

ミカエリソウもようやく花が咲きました。 

 

 

先日頂いたさつま芋で何を作ろうか?とネットで検索していたら 

「さつま芋のグラタン」のレシピを見つけたので、作ってみました。

サツマイモを縦半分に切って、ラップで包んでレンジでチンして

 

 

柔らかくなった中身を取り出します。

 

 

玉ねぎとベーコンを炒めたところに、取り出したさつま芋と

牛乳を加え、塩、胡椒、コンソメ顆粒で調味して

もったりするまで炒めたら、

 

 

くり抜いたさつま芋に戻して、溶けるチーズを乗せて、

オーブンで焦げ目がつくまで焼きました。 

 

 

香ばしく焼けた「さつま芋のグラタン」です。 

具材の塩加減と芋の甘みがマッチして美味しかったです。

それに皮の部分が焼き芋状態になって、これも美味しかった!^^

 

 

他にざっくり切った、キュウリとセロリとゆで卵のサラダと ・・

 

 

冷凍の「海鮮串揚げセット」を油で揚げました。 

 

 

イカや白身魚、野菜など7種類が、14本で2人前あるので

何も無い時などに重宝します。^^ 

 

 

 

 

 

10月14日(土) ココナッツのアルバム♫・・・

曇り  

我が家の愛猫の『ココナッツ』 

愛称を『ココ』と呼んでいます。

2歳と7ヶ月の人懐っこくて、お茶目な女の子です。

ココナッツのアルバムは、この週の間に撮ったもので

 日付は日記の空白日に載せています。) 

 

目だけを覗かせて・・ 

 

 

ヤマボウシに雀が来てチュンチュン鳴くので、

警戒態勢に入るココ ^^

 

 

その後ろでカメラを持ってうろうろしてたら、

睨まれてしまった。^^; 

 

 

うつ伏せの妻の足元にバスタオルを掛けたら、

脚の間に入ってウトウト・・ 

 

 

テーブルの下から、パチリ! 

 

 

降りなさい!と叱っても、

ココの耳に念仏。^^; 

  

 

 

 

 

最後まで読んで頂いて、ありがとうございます。

<今週は敬愛する長嶋茂雄さんのいい言葉と面白い話>

 

努力は人が見てないところでするものだ。

努力を積み重ねると人に見えるほどの結果がでる。

 

サバって漢字はどう書きましたっけ?・・・

そうでした、そうでした!

魚ヘンにブルーでしたね。