やまぼうしの 退屈の無い日々

狭いながらも庭弄りをしながら、四季の移ろいを楽しんでいます。

2009-02-15 21:38:01.0 がらくた? お宝です。

義父が納屋の2階に部屋を造っていると聞いて 見に行って来ました。
今は現役を退いていますが 50年以上も大工さんをやっていた 
腕のいい職人なので 造作はお手の物です。 
2階の隅に4畳ほどの小さな部屋が出来ていました。
ちょっとした隠れ家的な感じで、なかなか居心地がいいのです。
大工さん時代から 家を壊すときに出たものを取っておいたらしく
部屋の奥にいろいろな物が置かれていました。その中から見つけた物が
このランプです 長年納屋に眠っていたので ほこりだらけですが、 
私が古い物が好きな事を知っている義父が 「欲しいなら持っていって いいよ」 で、
即 「有りがたく頂戴します!」 喜ぶ私の顔を見て 妻は「こんな汚い物どおすんのぉ?」
 (ただのがらくたに見えるのでしょうが、 私にはお宝に見えたのです。)
これを また 洗ったり、磨いたり・・・ おもちゃが出来てしばらくの間遊べそうです。


これは多分 手前に障子で出来た窓があって 枕元に置いた物じゃないかな?
965_123469044100.jpg



義父はこの部屋で趣味の瓢箪の飾り物などを作るそうです。
自分だけの趣味の部屋 憧れますね、
永年仕事一筋でやってきた人なので ここでのんびりとやって欲しいものです。

そして帰り際 「この徳利同じのが二つあるから これもやるわ」そんな訳で
徳利とおまけに古い電球の笠も頂いて・・・収穫の多い一日でした。

965_123469169400.jpg