ゴキゲンTのごきげん日和

本町など上越市内で活動する「劇団上越ガテンボーイズ」の役者「ごきげん玉井」の、ゴキゲンな日記です。

2012/11/30 17:23次は、妙高演劇フェスティバル

早いもので、11月は今日で終わり。
南葉山は、白さを増してきたように思います。

自分も、鏡を見ると・・・髪が白さを増しています(笑)。
こんなことを言ったら「抜けるよりマシ」と返事をした方がいました(笑)。

さて、私にとって11月は、演劇の月。
あっという間に終わったように感じます。

「劇団上越ガテンボーイズ」は、冬期間は暖房代が掛かるためしばし休み。でも、何か始めるかもしれません。

ところで、12月は妙高市で演劇公演があります。

妙高演劇フェスティバル
12月8日(土)
13:30 里公小学校演劇クラブ「注文の多い料理店」・新井北小学校3年生「なぞのサーカス団」・新井北小学校4年生「守れ!川の命-魚とごみと竜神さま-」
15:00 市民演劇ユニット カミツレ 朗読劇「信太の狐」
16:00 高田北城高校演劇部「五時から三十円引き」

12月9日(日)
14:00 高田高校演劇部「全校ワックス」
15:30 マル丸山、一人芝居「大爆笑!高田の師走の人々」

会場 妙高市文化ホール大ホール
入場無料
お問い合わせ先 0255-72-9411(公益財団法人妙高文化振興事業団)


どれも注目ですが、個人的には、やはりマル丸山、一人芝居ですね。
昨年のタイトルは、「爆笑!・・・」でした。見て確かに爆笑しましたが、今年はさらに「大」がついています(笑)。
昨年は、高校のテストと重なってしまったせいか、高校演劇部は参加しませんでした。
一方、毎回参加しています「劇団上越ガテンボーイズ」は、都合により不参加です。
代わり?と言ってはナンですが、ガテン座長が、体を張った笑いを披露します。
ご期待ください。

「イシノマキにいた時間」で上越に来た福島カツシゲさんが、「ジャンジャン下北沢」を訪れた様子などを「イシノマキにいた時間」オフィシャルブログに書いています。
ジャンジャンを、そして劇場を自らこしらえたマル丸山、を余すところなく伝えています。
こちらも、ぜひご覧ください。

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用