ゴキゲンTのごきげん日和

本町など上越市内で活動する「劇団上越ガテンボーイズ」の役者「ごきげん玉井」の、ゴキゲンな日記です。

2013/03/27 13:45「讃岐うどん房鶴越」プレオープン、と「ガテン」寒中の稽古

今日(27日)は、日中くもり。
明日はいよいよ「イレブンプラザ」オープンですね。
お昼、本町に出掛けると・・。
5077_136435737200.jpg

来月は、「あすとぴあ高田」もオープンします。
5077_136435737201.jpg

せっかくなので、「イレブンプラザ」をのぞいてみると・・。
のれんが出ていますね。入ってみましょう。
5077_136435737202.jpg

讃岐うどん房鶴越、プレオープン中でした。

さすがに明日ぶっかけ、いやぶっつけ本番とはいかないのでしょう。
プレオープンとはいえ、多くのお客さんがいました。
以前(昭和町二丁目)の店舗より、店は狭くなったように思います。
でも、おいしさは変わりません。
お店の営業時間を増やしたからでしょうか、従業員も増えていました。
あす以降も、さらに多くのお客さんでにぎわうことでしょう。


昨夜(26日)は、「劇団上越ガテンボーイズ」稽古でした。
それにしても、昨日は雪が降り寒い一日。
夜は、氷点下近くの寒さでしたが、稽古場の「ジャンジャン下北沢」にて、エアコンなしで取り組みました。

「A plan which is never carried out」(作・演出 合点吉衛門)の4人は、「高田小町」(本町六丁目)で本読み。閉館後も「ジャンジャン下北沢」で稽古を積んでいました。
一方、「Defect Product」(作・演出 あらかわ健二)の6人(含・ゴキゲンT)は、「ジャンジャン下北沢」で本読み。
多少動きながら読みました。寒かったからかもしれませんが。

稽古は、今後も週二回のペースで進む予定です。
劇団も、本町の盛り上がりに貢献していこうと思います。

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用