ゴキゲンTのごきげん日和

本町など上越市内で活動する「劇団上越ガテンボーイズ」の役者「ごきげん玉井」の、ゴキゲンな日記です。

2014-01-31 17:16:58.0劇団上越ガテンボーイズ、1月最後の稽古

今日(31日)は、日中くもり。

北西からの強風が吹き、寒さを感じます。

夜中は気温が上がり、雨が降ったおかげで、道端や屋根の雪がさらに融けていました。

写真は、今朝の青田川(西城町二丁目と三丁目の境です)。 

雪解け水と雨で、水量が増しています。

 

 

さて、昨夜は「劇団上越ガテンボーイズ」の稽古。

前回に続き、一つ一つの動きを確認しながら返しました。

一部不安定な場面があったものの、演出・保坂さんの指示で解決しています。

場面を繰り返すことで、さらに感情表現も増してきました。

 

本番まで、残り二週間。 

いよいよ明日は、本番会場の長岡リリックホール・第1スタジオで通し稽古。

舞台衣装のほか、音響・小道具の準備もほぼそろいました。

当日は、とあるテレビ局が取材に来られるとか。

詳細は、後日紹介します。

新潟県内は幸い晴れるものの、氷点下で路面が凍っているかもしれません。

事故なく戻ってきます。

 

高田小町での稽古は、次回は5日(水)です。

 

 

劇団上越ガテンボーイズリリック演劇祭Vol.17 シアターゴーイング参加公演

カラシナ

作・演出 保坂正人

 

西暦2033年、日本。

この国にとって「生きる」ということは、もう義務ではなくなっている。

基本的人権のない「新憲法」の下、今日も各地で「基本的生存権取得判定試験」が開かれる。

 

試験会場に集められた者たちは、「準危害予備罪」に問われている。

「今後生きていくうえで、他人に危害を与える可能性がある」と決め付けられた者たち。

試験者たちは、この試験に合格しないと、生きていくことが許されない。

 

試験の内容は、自由。試験中は何をしても許される。

合格基準が分からないまま、試験者たちは「試験の目的」を考え始める。

 

そして・・・。物語は思わぬ方向へ向かっていく。

 

出演 たけし・あらかわ健二・保坂正人・ごきげん玉井・斎藤拓馬

スタッフ 茶器・野口誠・七瀬飛鳥・磯貝颯・

 

日時 2月15日(土)11:00 15:00

    (公演時間は、おおむね1時間です)

会場 長岡リリックホール・第1スタジオ

    (長岡市千秋3丁目1356-6)

料金 一般1,000円 学生500円(当日は200円増し)

    (全席自由です)

 

その他詳しいことは、「リリック演劇祭」ホームページをご覧くださるようお願いします。

少し遠いですが、上越地方からもみなさんのお越しを、お待ちしています。

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用