ゴキゲンTのごきげん日和

本町など上越市内で活動する「劇団上越ガテンボーイズ」の役者「ごきげん玉井」の、ゴキゲンな日記です。

2016/05/22 21:49劇団上越ガテンボーイズ・先週の稽古と、くびきの演劇人連盟発足会

今日(22日)は、晴れ。

ここ数日、いい天気が続きます。

午前は、事務所裏庭の草取り、野菜の追肥など管理をしていました。

苗はすくすく育って、豊作できるよう管理しています。

 

 

さて、劇団上越ガテンボーイズ・先週の稽古は16・19日でした。

(町家交流館・高田小町「ギャラリー蔵」)

新作脚本の稽古を続けておよそ一ヶ月。

脚本の理解が深まるとと共に、演出・あらかわ健二さんの指導も厳しくなってきました。

いい作品を作るためには、和気あいあいだけではなく時には厳しさも必要。

団員みなダラダラしないよう、気合いを入れ直して取り組んでいます。

 

とはいえ、セリフも確実に入り、感情表現などよくなっていることも確か。

常にレベルアップを図って、いい公演ができるようにしていきます。

 

写真は、休憩中の様子。

いつの間にか、各キャストのポジションが決まっています。

休憩中といっても、脚本の読み込みと確認です。

 

「どう演じればいいのか分からない」との声も。

一人で悩まず、団員みんなで悩み解決しています。

 

明日(23日)は高田小町が第四月曜日で休館日のため、稽古は24・27日です。

さらにいい稽古ができるよう、自宅でも各自本読みをしています。

 

ところで、昨日(21日)はくびきの演劇人連盟発足会が糸魚川市で開かれました。

上越地方の演劇5団体が加盟し、昨年10月に発足。

ようやくですが、最初の親ぼく会を開催しました。

(加盟団体の情報は、連盟のホームページを当ブログにリンクしていますので、どうぞご覧ください)

 

まずは、上越タイムスの方が取材に訪れ、全員で記念撮影。

自己紹介の後、乾杯に移り懇親を深めました。

 

写真は懇親の様子。

団体の枠を超え、親ぼくを深めています。

(写真は、劇団きらら(糸魚川市)と「ガテン」の座長も、他の劇団の方々と懇親中の様子)

 

普段はなかなか話す機会がないので、できるだけ多くの方と話しをしました。

途中では各劇団が「余興」を披露し、さらに盛り上がりました。

演劇活動を通してつながった仲間たち、いい出会いができました。

 

この後一部の参加者は、高田駅近くの居酒屋で「演劇談義」をしたとか。

私は翌日のことがあるので、ここで失礼ました。

 

今後も演劇活動を通じて、地域の盛り上げに貢献していきます。

劇団上越ガテンボーイズほか上越地域の演劇に、応援をよろしくお願いします。

 

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用