ゴキゲンTのごきげん日和

本町など上越市内で活動する「劇団上越ガテンボーイズ」の役者「ごきげん玉井」の、ゴキゲンな日記です。

2016-06-05 21:41:07.0劇団上越ガテンボーイズ、先週の稽古

今日(5日)は、晴れのちくもり。

梅雨入りした地域が増えていますが、北陸地方は早ければあさってでしょうか?

 

さて、劇団上越ガテンボーイズ・先週は先月31日と3日が稽古日でした。

新作脚本での稽古が始まって、一ヶ月が経ちました。

脚本の理解が高まるとともに、演技も良くなってきました。

 

さらに良くしようという意欲があふれ、集中して取り組んでいます。

団員みな自信がついたかのようで、演出も手掛けるあらかわ健二さんも大いに手ごたえをつかんでいます。

 

写真は、休憩中の様子。

少々お疲れ?のようでもあります。

 

内藤擬人君(写真左)に、いろいろ指示を出しています。

 

笑いあり、ちょっと切ない所もありの芝居です。

夏から初秋に公演予定、どうぞご期待ください!

 

 

ところで、先日安倍首相は「消費税の増税延期」を発表しました。

消費税は社会保障の財源に充てられますが、これで財源の確保は大丈夫でしょうか?

財政も心配ですが、増税すれば消費が減少→結果として税収も減収となるのを予測したのでしょう。

延期した結果、個人消費の増加・設備投資の増加→個人所得・企業利益の増加で税収が増えればいいのですが。

 

マスコミの社説等には、「財政は大丈夫なのか」との論調。

消費税が創設された平成元年では、「消費税は廃止せよ」「税金は金持ちが払うもの」という感じでしたが、定着した今は少なくとも意識は異なっているのでしょう。

ただ、10%に引き上げられる(であろう)平成31年10月には、「軽減税率」という名の複数税率制度の導入。

そして平成33年4月、どの事業者にも影響がある「インボイス」制度の導入は、当初の予定通りでしょう。

 

今後の経済がどうなるのか、そして税制の動向は?

職業人として目の離せない日々は、続きます。

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用