ゴキゲンTのごきげん日和

本町など上越市内で活動する「劇団上越ガテンボーイズ」の役者「ごきげん玉井」の、ゴキゲンな日記です。

2017-01-15 22:36:48.0 劇団上越ガテンボーイズ・最近の稽古風景と、上総「演劇×軽音」

今日(15日)は、雪時々くもり。

雪のない1月は変だなぁ、と思ったら大雪。

一気に70㎝近くも積もりました。

 

正月の風景を見て「暖冬少雪」かと思えば、そうではありませんでした。

ここ数年は、毎年のように寒波→大雪がやって来ます。

日中本町・東本町を通ると、住民総出で雪を流雪溝に入れていました。

でも、街中の雪はしばらく消えそうにありません。

 

さて、劇団上越ガテンボーイズの稽古の様子です。

新作脚本の本読みを、引き続き進めています。

立って読んだ方がセリフを入れやすく、簡単な動きをつけています。

 

今回は新人が三名おり、発声も注意しながらの本読みです。

今回もいい脚本ができました。早くセリフを入れて、公演にこぎつけたいと思います。

(写真は、稽古前の談笑中の様子)

 

 

ところで、昨日は上越総合技術高校演劇×軽音に出かけました。

 

会場は、旧第四銀行高田支店ホール(上越市本町三丁目)。

 

まずは、「軽音楽同好会」の演奏から。

バンドとソロのステージ。

高校生らしく、癖のない歌声でした。

 

その後は、文芸部演劇班」の芝居。

おととし12月、劇団上越ガテンボーイズが演じた「雨の輝き 海の明かり」(作・あらかわ健二)を、生徒らが再演してくれました。
(上総は、明かりを「灯り」として再演)

私も出た芝居ですが、生徒らが演じるとどうなるのか?

劇団上越ガテンボーイズのメンバーも、会場に出向きました。

 

演じる人が違うと、おもしろい所や工夫も見られ、新鮮に感じました。
演じる人の数だけ、芝居も様々ですね。
私から見て感情表現が今一つの点もありましたが、
ストーリーはいいからでしょうか、私の隣で見ていた高校生が感動したのでしょう。

終演後、涙を流しているのを見かけました。

 

昨日は、日中も氷点下の寒さ。
小康状態になったとはいえ、雪は降り続きました。

 

それでも、ホールは生徒らの熱演で寒さを感じませんでした。

写真は終演後の様子、上総とガテンのキャストらが談笑しています。

 

劇団上越ガテンボーイズも、いい芝居を目指していきます。

また、歴史のある建物が、いつまでも保存されるといいですね。

 

2017-01-08 20:23:43.0 劇団上越ガテンボーイズ、2017始動!

今年最初の投稿です。

どうぞよろしくお願いします。

 

今日(8日)は、くもり時々晴れ。

1月に入ったとはいえ、雪は降ってもすぐ消えました。

いつまで続くのか?と思えば今週は雪の日が多くなりそうです。

 

 

さて、劇団上越ガテンボーイズの稽古始は4日から。
昨年は8月に定期公演、12月は「高田世界館演劇祭」に参加。

また、2月は上越看護専門学校(大潟区)での上演、4月は「健康福祉花見会」(真砂農村公園)に参加し、地域活動にも貢献できたものと思います。

今年も応援のほど、みなさまにはよろしくお願いします。

 

今年最初の公演(時期未定)に向け、すでに脚本が渡されています。

現在はまだ本読みの段階ですが、深く考えさせられる脚本ができました。

キャストそれぞれ、感情を入れていい芝居作りを進めています。



団員一同、結束して活動していきます。
今後も週二回のペースで、稽古は進みます。

 

2016-12-30 22:15:21.0 仲町でかもす!月不見の池

今日(30日)は、くもり。

時々晴れたり雪が降ったり、変わりやすい天気でした。

 

 

さて、いろいろありまして、久々の投稿・そしてお出かけ記事です。

 

先日ですが、「四季料理雀」(仲町四丁目)にて「雀のかもす会」に出かけました。

猪又酒造(糸魚川市)の日本酒と、「雀」のおいしい料理がいただけます。

 

自宅で一日に食べることはないであろう、非日常も味わえます。

 

そして、自宅で一日に味わうことはないであろう、数々の日本酒!
この後紹介する料理と共に、次々に飲み比べます。

 

先付と前菜(二人前)。

 

お造り。

写真右の瓶は、仕込み水。

 

焚合。

見た目も楽しめます。

 

焼物。

鰈と書いてカレイ、初めて知りました(苦笑)。

 

揚物。

小エビがサクサクです。

 

食事。

そろそろ、宴も終わりに近づいてきました。

 

数々の日本酒を飲みましたが、味も様々。

二年又は三年も寝かせた酒も飲みました。

長期間寝かせては製造しても現金化するのが遅くなりますが、おいしい酒を飲んでもらうことにこだわりがあるのかもしれません。

 

そして、酒のリクエスト。

私も含めほとんどの方が、にごり酒(二番目の提供・季節限定とか)を求めていました。

 

最後は、甘味。

普段は女性客限定ですが、この日だけは男性もいただきました。

 

お土産をいただいて、帰宅しました。

 

おいしい料理と杜氏の説明を聴きながらの食事、十分満足して帰宅しました。

これからは、自宅でも月不見の池も飲むことになるでしょう。

 

それにしても、糸魚川市の酒蔵・加賀の井酒造の被害は残念でなりません。

幸い再開を目指すとのこと、ぜひ飲みたいものです。

 

 

今年も当ブログを読んでいただき、ありがとうございました。

いろんなことがあって投稿は減ってしまいましたが、今後もよろしくお願いします!

2016-12-17 21:07:22.0 劇団上越ガテンボーイズ、世界館演劇祭を振り返り

今日(17日)は、雨時々くもり。

12月中旬になって、いよいよ雪が積もってきました。

とはいえ、来週は暖かくなりそうで、根雪にはならないでしょうか?

 

 

さて、劇団上越ガテンボーイズは先日、高田世界館演劇祭公演の録画を見ました。

ダンスに始まり、漫才・コント「そば屋」・そして本編の「思い出になる前に・・・」を視聴。

 

いろいろ悩みながらも、作り上げた芝居。

ウケた漫才・コントを見て爆笑。

録画を見ながら感想を出し合いました。

 

苦労した三ヶ月を、思い出しました。

 

劇団上越ガテンボーイズは、来週稽古をして稽古納め。
ここで来年1回目の公演に向け、脚本を配付予定です。

 

なお、公演初日(12月3日)の模様は、来年2月26日からのJCV上越ケーブルビジョン「JCVスペシャル」でも放送予定です。

どうぞ、お楽しみに!

団員も放送前の「心の準備」ができたようです(笑)。

 

 

2016-12-08 21:23:32.0 高田世界館演劇祭・無事終了しました

今日(8日)は、雨・あられそして青空。

変わりやすい天気で、12月らしい感じになりました。

 

南葉山は白さを増し、里の初雪はそろそろでしょうか?

 

さて、3~4日は高田世界館で「高田世界館演劇祭」。

元は芝居小屋だった、今年で105年目の高田世界館。

二日間とも天候に恵まれ、演劇の熱がよみがえるイベントになりました。

 

今年は、昨年発足した「くびきの演劇人連盟」に加盟する5団体が参加。

それぞれ個性あふれる、素晴らしい舞台でした。

 

STAGE D
「I-virus」(作・演出 保坂正人)
今年初参加の劇団。

かつて劇団上越ガテンボーイズに加入していたメンバー二人が、コント風の芝居を披露。

テンポのよい、おもしろい芝居でした。

 

劇団きらら
今年も糸魚川から、参加されました。
「もしも名作がこんな結末だったら」
いろんな童話の結末が、きららの手にかかると?

感動の代わりにオチがつく、ユニークな舞台でした。

 

劇団空志童

「靴屋は靴を履かない」(作 藤澤俊輔 演出 笠原由起子)

こちらもテンポの良い舞台、最後のオチはなるほど!という感じでした。

みゅーじかる☆高田笑劇場

「さよならノーチラス号」(作 成井豊 演出 マル丸山、)

人気劇団「演劇集団キャラメルボックス」が取り組んだ名作に挑む、2時間20分に及ぶ芝居でした。

仕上がりが遅れ、公演前2週間はほぼ毎日稽古を重ねていたようですが、その成果はあったと思います。


なお、劇団空志童・みゅーじかる☆高田笑劇場は今週末開催の「妙高演劇フェスティバル」(妙高市文化ホール)も参加します。

劇団空志童は10日(土)14:00と18:30高田笑劇場は11日(日)15:00から開始です。

今回見られなかったは、ぜひご覧ください!

 

 

そして、劇団上越ガテンボーイズはサスペンス密室劇を披露。

緊張感を壊さない、いい芝居ができたものと思っています。

団員の退団で急きょ演目を変更しましたが、みんなが力を出し合い、なんとか本番を迎えることができました。

 

お越しいただいた方には、喜んでいただけたものと思います。

笑いあり、そして演じながら深く考えさせられたものもあり、幅広いジャンルに取り組みました。

そして、世界館の建物を活かして、ラストシーンはステージだけでなく二階客席も使いました。

 

劇団上越ガテンボーイズ演目

ダンス 

出演 あらかわ健二 平井友輝 まっつん 岡村采音 長谷川すみれ 江村秋乃

 

漫才(作 あらかわ健二) 

出演 あらかわ健二 内藤擬人

 

コント「そば屋」(作・演出 あらかわ健二)

出演 あらかわ健二 ごきげん玉井 内藤擬人 まっつん 平井友輝 岡村采音 長谷川すみれ

 

芝居「思い出になる前に・・・」(作・演出 あらかわ健二)

出演 あらかわ健二 平井友輝 まっつん ごきげん玉井

 


終了後は記念撮影→撤収を終え、高田世界館のロビーで打ち上げでした。

劇団員らしく、笑いが終始絶えない賑やかさでした。

 

 

なお、劇団上越ガテンボーイズは、現在脚本執筆中のため稽古の再開は来週から。

来年は、年3回を目標に公演を開催する予定です。

 

みなさまには今後も応援を、よろしくお願いします。

 

なお、JCV上越ケーブルビジョンでは、来年2月26日(日)から1週間?「JCVスペシャル」で初日の公演を放送予定とのことです。

こちらもどうぞ、ご覧ください!