ゴキゲンTのごきげん日和

本町など上越市内で活動する「劇団上越ガテンボーイズ」の役者「ごきげん玉井」の、ゴキゲンな日記です。

2017-03-19 21:20:08.0 劇団上越ガテンボーイズ、3月は仕切り直しで再始動

仕事が忙しくなり、一ヶ月半も投稿ができませんでした。
今までは投稿できたものの、依頼が増えれば時間のやりくりが難しくなります。
ようやく落ち着いたので、投稿再開です。

 

 

劇団上越ガテンボーイズでの稽古参加も、しばらくはできない状態でした。こちらは今月中旬から稽古できる状況ですので、みなさまにも活動を伝えられます。



学生もいる「ガテン」、試験がある2月は参加者も少なってしまいました。
今月から全員そろい始め、切り直しで本読みから開始です。

 

本読みを繰り返した後は、多少動きをつけての稽古。

演出も兼ねるあらかわ健二さんが、いろいろ団員に指示しています。

 

しばらくは週二回のペースで、稽古を続けます。

 

ブログは、上越地域の様々な出来事を伝えられるよう心掛けます。

引き続き、みなさまにはよろしくお願いします。

2017-02-03 21:51:29.0 大島区に、出かけました

今日(3日)は、雪のち晴れ。

そして今日は節分、明日は立春。

大寒から節分まで大雪にはなりませんでしたが、これからどうなるでしょうか?

 

さて、先日ですが大島区に出かけました。

 

総合事務所付近。

崩れないのでしょうか?

 

川は雪捨て場に。
しかし、融けて水になるのは先でしょうか?

 

大島小学校。

北緯37度の標識、訪れた日はまだ埋まっていませんでした。

 

やはり、大島区は雪が多いですね。

それでも、除雪のおかげでスムーズに来ることができました。

 

今月も寒い日は続くのか?

大雪の被害がないことを願っています。

2017-02-01 21:13:43.0 劇団上越ガテンボーイズ、最近の稽古風景

今日(1日)は、晴れのち雨。

朝は冷え込んだものの、気持ちのいい晴天・・・。

は長続きしません。冬らしく、夕方は雷そして強風が吹いています。

大雪にならないといいですね。

 

 

さて、劇団上越ガテンボーイズの稽古風景です。

新作脚本の稽古が始まって一ヶ月経ち、キャスト(今回は6人)のキャラクターが徐々にそして稽古を積むごとに濃くなってきました。

ベテランも新人も、キャストそれぞれアドバイスしあいながら、いい雰囲気の下で芝居作りに励んでいます。

 

稽古中の風景。

セリフを一部修正している最中です。

 

ところで、先日ですが私47歳になりました。

ご覧の通り、メンバーに祝ってもらいました。

 

写真を見ると、家族のような感じでしょうか?

46歳も47歳もあまり変わらないような気がしますが、今後も出来る限り頑張ります。

 

メンバーには学生もおり、期末試験などでしばらく全員そろわなくなります。

学業優先のため止むを得ませんが、「社会人メンバー」中心で稽古を進めていく予定です。

 

まもなく節分そして立春、ようやく寒さは一段落になるでしょうか。

それとも大雪になるのか?気が抜けない日々が続きます。

2017-01-29 21:58:23.0 浦川原区に、出かけました

今日(29日)は、晴れのちくもり。

夜は雨が降ってきました。

投稿が二週間も空いてしまいました。
仕事と私事が忙しくなってしまいましたが、今後も時間を見て投稿します。

 

さて、先日ですが、浦川原区に出かけました。

ほくほく線・浦川原駅。
撮影して数分後、新井行の快速電車が通過しました。

 

重そうな雪に、枝が耐えています。

 

つららがご覧の通り。

 

大雪の後に行きました。

車が雪に埋もれています。

 

山の風景。

 

一仕事終えて、高田に戻ります。

写真は、ナルス浦川原店付近の水田。

この時間は吹雪でした。

 

この時期は、いろんな所に出かけていました。

というわけで、今後もお出かけ記事を投稿します。

2017-01-15 22:36:48.0 劇団上越ガテンボーイズ・最近の稽古風景と、上総「演劇×軽音」

今日(15日)は、雪時々くもり。

雪のない1月は変だなぁ、と思ったら大雪。

一気に70㎝近くも積もりました。

 

正月の風景を見て「暖冬少雪」かと思えば、そうではありませんでした。

ここ数年は、毎年のように寒波→大雪がやって来ます。

日中本町・東本町を通ると、住民総出で雪を流雪溝に入れていました。

でも、街中の雪はしばらく消えそうにありません。

 

さて、劇団上越ガテンボーイズの稽古の様子です。

新作脚本の本読みを、引き続き進めています。

立って読んだ方がセリフを入れやすく、簡単な動きをつけています。

 

今回は新人が三名おり、発声も注意しながらの本読みです。

今回もいい脚本ができました。早くセリフを入れて、公演にこぎつけたいと思います。

(写真は、稽古前の談笑中の様子)

 

 

ところで、昨日は上越総合技術高校演劇×軽音に出かけました。

 

会場は、旧第四銀行高田支店ホール(上越市本町三丁目)。

 

まずは、「軽音楽同好会」の演奏から。

バンドとソロのステージ。

高校生らしく、癖のない歌声でした。

 

その後は、文芸部演劇班」の芝居。

おととし12月、劇団上越ガテンボーイズが演じた「雨の輝き 海の明かり」(作・あらかわ健二)を、生徒らが再演してくれました。
(上総は、明かりを「灯り」として再演)

私も出た芝居ですが、生徒らが演じるとどうなるのか?

劇団上越ガテンボーイズのメンバーも、会場に出向きました。

 

演じる人が違うと、おもしろい所や工夫も見られ、新鮮に感じました。
演じる人の数だけ、芝居も様々ですね。
私から見て感情表現が今一つの点もありましたが、
ストーリーはいいからでしょうか、私の隣で見ていた高校生が感動したのでしょう。

終演後、涙を流しているのを見かけました。

 

昨日は、日中も氷点下の寒さ。
小康状態になったとはいえ、雪は降り続きました。

 

それでも、ホールは生徒らの熱演で寒さを感じませんでした。

写真は終演後の様子、上総とガテンのキャストらが談笑しています。

 

劇団上越ガテンボーイズも、いい芝居を目指していきます。

また、歴史のある建物が、いつまでも保存されるといいですね。