ゴキゲンTのごきげん日和

本町など上越市内で活動する「劇団上越ガテンボーイズ」の役者「ごきげん玉井」の、ゴキゲンな日記です。

2015-09-25 17:21:28.0 消費税の「軽減税率」、再び考えます

今日(25日)は、雨時々くもり。

晴天は秋の連休でひとまず終わり、といったところでしょうか?

 

 

さて、最近は消費税の「軽減税率」制度が話題になっています。

財務省が出したのは、「還付制度」。

酒類を除く食料品(外食も対象)の消費税をいったん納め、その後数パーセント分の還付を受けるとか。

よく思いつくものです(呆れ)。

 

マイナンバーの「個人カード」(28年1月以降交付予定)に、「還付税額」を登録。

読み取りカードも必要になってきますが、全ての店に設置するのでしょうか。

例えば、四・九市など朝市の出店者にも設置する?

居酒屋では、酒と食事を分けなければなりませんね。

「還付センターの設置」に至っては、行政コストがいくらかかるのでしょうか?

 

還付の上限は、年間4,000円。

これなら、現在の直接給付制度の方がはるかにマシです。

 

とはいえ与党が検討している「軽減税率」制度に、問題はないのでしょうか?

以前も同様のブログ記事を載せていますが、問題がありますね。

改めて、問題を提起しようと思います。

 

そもそも、消費税の「軽減税率」とは、現在8%(消費税6.3%+地方消費税1.7%)の消費税率が10%(消費税7.8%+地方消費税2.2%)になった時に、ある品目の消費税を減らすというもの。

(10%の引き上げは、29年4月に予定です)

消費税は現在単一の税率ですが、「軽減税率」とは複数の税率が設定されることとなります。

 

問題1 消費税の減収分は、どうなるの?

 

「軽減税率」制度が導入されると、そのぶん消費税収は減ります

現在、消費税は全て「社会保障の財源」に充てられています。

ということは、この社会保障の財源が減ってしまうのです。

減収分は、どこかで穴埋め・補てんをしないといけません。

社会保障給付の抑制・消費税率(標準税率)の引き上げで対応しましょうか?

 

ところで、新聞各紙社説は「軽減税率」を導入せよと主張していますが、肝心の財源について何も触れていないのはなぜでしょうか?

最近海外の格付け機関が、日本国債の格付けを引き下げました。

ヨーロッパでは「標準税率が高い代わりに、食料品など生活必需品の税率を低くしている」と主張していますが、逆でしょう。

「食料品など生活必需品の税率を低くしたために、標準税率を高くせざるを得ない」のではないでしょうか。

 

問題2 対象品目の線引きは、どうなるの?

 

現在与党が検討しているのは、「酒類を除く飲食料品」「生鮮食品」「精米」とか。

「酒類を除く飲食料品」分かりやすいですが、その分先ほどの問題1の事態になります。

「生鮮食品」実は、この線引きが大変だと思います。

例えば、魚の切り身・ゆでだこ・冷凍食品

生鮮食品に当てはまるでしょうか?

 

スーパーには、いろいろなすしネタを盛り合わせた「セットすし」がありますね。

蒸しえび、卵焼きといった加工食品も入ってますが、その取扱いはどうしましょうか?

値段はどう付ける?卵焼きは外す?

スーパーの店員の方々も、お客さんから聞かれたらどうする?

たぶん、困りますね。

 

「精米」年間の一世帯当たりの支出額は、米よりパンが多いとか。

なら米粉パンはどうする?という議論も出てきそうです。

「精米だけ軽減税率の対象」としたら、パンだけでなく「ラーメンは」「うどんは」「そばは」どうする?と大変。

業界団体の陳情合戦が繰り広げられるでしょう。

 

 

世論調査では「軽減税率」に賛成の方が多いですが、反対の方が徐々に増えているようですね。

消費税率は低い方がいいと思うか?と聞かれれば「その通り」と答えるのはもっともです。

でも、「食料品などの税率を低くして、失われた税収の補てんに標準税率を上げても良いか」という質問なら、どう答えますか?

 

ならば、現在のように「給付措置」をするのが良いと考えます。

「軽減税率」は低所得者対策に有効とも言いますが、恩恵を受けるのは低所得の方だけに限りません。

今後も29年4月の引き上げに向け議論は出るでしょうが 、行方を見守ろうと思います。

 

 

2015-06-01 17:15:22.0 夏野菜、成長しています

今日から6月。

早いもので、一年はまもなく半分が過ぎようとしています。

晴天が続きますが、あさっては雨予報とか。そろそろ梅雨入りでしょうか?

 

さて、季節の話題を一つ。

東本町4丁目にある事務所、裏庭では野菜を育てています。

 

キュウリ。

4月下旬に2苗植え付け、一番果が実りました。

 

まだ若いキュウリの苗。

一番果は、ちょっと大きくしすぎたでしょうか。

大きくなり過ぎると、若い苗なので負担がかかり他の実が育ちません。

このあとは味噌につけて、生で食べました。

 

ミニトマト。

あとは赤く色づくのを待つばかりです。

 

ナス。

花がたくさん咲いてきました。

 

ナス科のジャガイモ

花をこのままにしても摘んでも、ジャガイモの大きさは変わらないのでこのままにしています。

 

野菜とは違いますが・・・。

ハーブの一種、ミントです。

毎日旺盛に育つので、摘んでハーブティーにしています。

 

害虫やスギナなどの雑草取りなどいろいろ苦労はありますが、収穫が楽しみです。

2015-01-31 22:19:41.0 1月の、雑感あれこれ

今日(31日)は、雪時々くもり。
一時は雷が鳴りました。

風が終日強く、それでも時々見える太陽で暖かさを感じ、救われた感じです。

 

今月は、雪の少ない一ヶ月でした。
多く積もったのは、元旦から3日・どんど焼きの11日・17~18日の強風雪ぐらいだったでしょうか?

高田地区は、田んぼを見れば土も見えています。

自宅庭も先月末に比べ、雪は少なくなってきました。

大寒から節分までもっとも寒い時期ですが、積雪は増えてほしくないものです。

 

先日から、咳が出てしまいました。

のどの調子もイマイチ、こんな状況で税理士事務所職員向けの研修会の講師(!)を務めました。

受講された方からはおおむね好評ではありましたが、研修が6時間もあったのでのどを痛めてしまいました。

翌日内科で診察を受け、クスリで咳はなくなったものの、声の調子はいまひとつです。

結局、「劇団上越ガテンボーイズ」の稽古も休むハメに(涙)。

来週も長岡市で同様の研修会、何とか調子を取り戻さなければなりません。

 

日ごろお世話になる、FM-Jエフエム上越

昨日の番組で、パーソナリティーの森田君夫(課長)さんが番組を卒業されました。

せっかくなので花束をと思い、FM-Jのある雁木通りプラザの近くにある「花あそび」へ。

「男性の退職用」ということで、バラなど選んでいただきました。

スタジオを訪れたのは生放送中でしたが、たまたまCMでしたので森田さんに直接渡すことができました。

番組は越後上杉おもてなし武将隊・十吾郎さんも(月に一度)登場、最後は勝どきでにぎやかに終わりました。

なお、森田さんは3月で退職とのことです。

 

この時期恒例の、雪灯籠。

 

1月の積雪が少なかったため、雪集めに苦労されたとか。

暖かい年は日曜日にはすっかり融けてしまったこともありましたが、今日・明日は寒いのでこのまま残りそうですね。

 

いよいよ2月に入り、確定申告など職業柄忙しくなります。

その合間に「ファイナンシャル・プランニング技能士」試験問題(1月25日施行)を解くなど、知識の吸収と確認を怠らないようにしたいものです。

2月でも新年会(賀詞交歓会)がありますが、健康に気をつけ乗り切ろうと思います。

 

以上、1月雑感あれこれでした。

 

 

2015-01-02 21:29:05.0 今年も、よろしくお願いします

新年明けまして、おめでとうございます。

今年も、よろしくお願いします。

 

おとといの大みそかから、降り続く雪。

あっという間に30㎝、でもこんなものでしょうか?

大雪警報から大雪注意報に切り替わった後、雪がより多く降り積もりました。

予報はなかなか、難しいものですね。

1月になり、雪は水っぽくない、細かく軽いものに変わったような感じです。

 

先月30日・31日は、プロボクシング世界戦が8試合!

これだけのカードが、よく組めるものと感心します。

井上尚弥選手の試合(30日)は、私が風呂に入っている間にあっけなく終わりました(苦笑)。

一度もダウンしたことがない王者から、4回のダウンで10カウント。ホント強いですね。

 

大みそかは、天笠尚選手が王者から二度のダウンを奪い、あわや!という試合でした。

テレビ東京でも三試合放送していましたが、残念!JCVではもう見られません(涙)。

 

昨日の元日、NHKの文字ニュースを見ると、「上越妙高駅の9割の土地は、まだ利用未定」旨のニュース。

振り返ると、開業時、駅西口に「フルサット」ができる以外、他の出店はないようです。

それにしても、「フルサット」はニュースとして扱わず、「9割が利用未定」はニュースになるっていうのは、どうなんでしょうか?

今のところ、上越妙高駅前の開発は様子見なんでしょう。

 

 

今年も、当ブログでいろいろ記事を書こうと思います。

そして、公私ともども充実した一年を過ごしたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

2014-12-29 22:03:03.0 今年の漢字、「税」について考えるあれこれ

今日(29日)は、くもりのち雨。

午後から雨が強くなり、凍った雪が少し融けています。

あの「真冬の台風」から、10日経ちました。

その時の雪が今も残り、数日後また大雪予報。これ以上積もらないで欲しいものです。

 

さて、今年の漢字は「税」。

今年に限らず、常に税と関わる機会は多いことでしょう。

消費税は、4月に8%へ引き上げ。

一方景気が良くないとの判断で、当初予定していた来年10月の10%引き上げは、平成29年4月に先送りしました。

余談ですが今年の有馬記念は、4番人気のジェンティルドンナ号が優勝。

消費税導入の平成元年、5%に増税した平成9年も4番人気の馬が優勝。

ということは、平成29年の有馬記念も4番人気に注目(早いか)?!

 

今年は、自然災害の多い年でした。

2月の関東甲信の大雪、相次ぐ台風・大雨による被害、御嶽山噴火、そして11月下旬の長野県での地震。

現場の復旧に使われたのは、税です。

そして、12月にして早くも大雪の上越地方。

除雪・排雪作業が続きますが、その費用も税で賄われます。

 

他にも税にまつわる話題は、年末までいろいろありました。

本業(税理士)の話も交え、あれこれ考えてみます。

 

最近もその動向が気になるのは、消費税の軽減税率

税の専門家・税理士団体の強硬な反対に関わらず、10%増税時の導入を目指すとか。

食料品の消費税率を、軽減しようとする制度ですが・・・。

 

まもなく正月、おせち料理はどうなるでしょうか?

おせち料理、これは食料品だから軽減対象。

料理を入れる器は?

食料品じゃないから対象外、でも器がないと困るから対象?

クリスマスケーキは?

ケーキは食料品、でもお菓子は軽減税率の対象にならない?

箱は?ローソクは??

 

う~ん、考えるとキリがないですね

これだけでもいろんな意見が出て混乱、不満も出そうです。

軽減税率を導入し税率が複数あれば、こんな混乱と不満が出るでしょう。

なので、導入は止めた方がいいと思います

 

 

ところで、私は税理士になり3年目。

税の計算だけでなく、会計を通じて経営のアドバイスなどもします。

今年は、経営革新等支援機関(税理士など)として、例えばお客様に「中小企業経営力強化資金」(日本政策金融公庫の低利融資)をあっせんすることができました。

 

また、社会貢献の一つとして、「成年後見人」の研修を受講・レポート提出。

来年4月から、関東信越税理士会を通じて家庭裁判所に登録されることとなりました。

成年後見人は弁護士・司法書士の方が多く、会としての取り組みが遅かった税理士はまだまだ少ない状況です。

昨今のニュースでは、身寄りのない・認知症のお年寄りの財産管理を必要とする方は年々増加し、一方成年後見人は不足しているとのことです。

 

これからもあらゆる形で、地域社会に貢献しなければならないと考えます。

 

1月から3月までは所得税等の確定申告で忙しく、その後も法人税等の確定申告が多い5月を迎えます。

気の抜けない日々ですが、学ぶことを忘れず、健康も気を配って過ごそうと思います。