ゴキゲンTのごきげん日和

本町など上越市内で活動する「劇団上越ガテンボーイズ」の役者「ごきげん玉井」の、ゴキゲンな日記です。

2012-12-05 17:18:51.0 劇団上越ガテンボーイズ、再始動

今日(5日)は、予報に反して?日中晴れました。
冬の晴れ間は、貴重ですね。

さて、劇団上越ガテンボーイズは、全面協力した舞台「イシノマキにいた時間」を無事終え、昨日から再始動しました。
いい舞台を生で見た後、「自分も・・」という気持ちが、今まで以上に増してきたように思います。

昨夜は、「卒業写真」公演後初めての稽古。
稽古場兼劇場「ジャンジャン下北沢」は寒い(暖房代節約)ので、まずはダンスで体を温めました。
次は、発声。
「イシノマキにいた時間」の役者のみなさんが、「腹式呼吸」で「滑舌よく」発声していることを踏まえ、何度も繰り返しました。
声は、ノドではなく腹から出すこと、そして滑舌は演劇の基本といえるでしょう。
前回「ガテン」公演でも、滑舌については指摘されたところです。

そして、エチュード(台本のない)芝居。
さすが「ガテン」のメンバー。コントのような展開です(笑)。

稽古はここまで。
その後、1階の「石田板金屋事務所」で、今後の活動など語り合いました。
共通しているのは、上越でもっと活躍すること。
そして、市民のみなさんに名前を覚えてもらえるようにすることです。


昨夜から、元「ガテン」役者三人(今は社会人)が復帰。
「劇団上越ガテンボーイズ」は、ますますパワーアップしていきます。
冬期間は、「ガテン」の稽古をしつつ、いろいろなユニットに分かれて活動(公演)ということになりそうです。
私は・・、時節柄多忙につきお休み、三月後半から本格活動になるでしょう。

「ガテン」劇団員になりたい、という方は劇団事務所にご相談ください。
来年高校生になる方など、参加をお待ちしています。
劇団事務所の電話は、025-525-4544です。


今後も応援よろしくお願いします。