ゴキゲンTのごきげん日和

本町など上越市内で活動する「劇団上越ガテンボーイズ」の役者「ごきげん玉井」の、ゴキゲンな日記です。

2013/03/14 17:25 劇団上越ガテンボーイズから、元気を

今日(14日)は、小雪が舞う一日。
積もらなかったのは幸いでしょうか。
「三寒四温」と言いますが、1月と4月を行ったり来たりのような最近。
体がついていけないですね。

昼間、高田公園に行きました。
三の丸広場、雪ほりのおかげで、雪融けが進みました。
5077_136324789000.jpg

近くの駐車場。
高く積まれていた雪が、ご覧のとおりです。
5077_136324789001.jpg

さて、「劇団上越ガテンボーイズ」は、火曜日(12日)夜も通常の稽古。
12人が集まり、3人一組でエチュード芝居(15分程度)をしました。
少ない時間で大まかなストーリーを考え、台本なしのアドリブ芝居。
頭の回転が、試されているのかもしれません。

まもなく「ガテン」を卒業する高校三年生らも、稽古に参加。
芝居をするのが楽しい、名残惜しいという感じですが、稽古を盛り上げてくれました。


ところで、東日本大震災から二年が過ぎました。
改めて、被災されたみなさんにお見舞い申し上げます。


「劇団上越ガテンボーイズ」も、震災復興に向け微力ながら協力してきました。
東日本大震災復興支演「イシノマキにいた時間」(昨年11月24・25日・高田世界館)の公演に全面協力。
出演された役者のみなさんが熱演、多くの義援金が集まりました。
この「イシノマキにいた時間」は、今月16・17日は熊本県八代市、22~24日は札幌市西区で公演があります。

おととし7月は、「ガテン」単独のチャリティー公演。
多くの方にお越しいただき、収益は全て義援金として寄附しました。
当公演も「高田世界館」で上演。
もともと芝居小屋だった場所で、「ガテン」としては初めての公演でした。

また、団員個人も、それぞれができる限り寄附などで復興を支えています。

本町七丁目から、そして上越から元気を。
今年も「劇団上越ガテンボーイズ」は、地域を盛り上げていきます。