ゴキゲンTのごきげん日和

本町など上越市内で活動する「劇団上越ガテンボーイズ」の役者「ごきげん玉井」の、ゴキゲンな日記です。

2013/05/04 21:14 劇団上越ガテンボーイズ、祝日も稽古

今日(4日)は、終日晴れ。
ようやく初夏の陽気、といった感じです。

午前中は、ホームセンターに行きました。
花や野菜苗の植え付けをしよう、という方が多いのでしょうか。
混んでいましたね。


さて、昨夜は「劇団上越ガテンボーイズ」の稽古。
祝日でも都合が悪くない役者(含む、ごきげん玉井)が集まりました。
6月公演予定の「A plan which is never carried out」はオフ。
あらかわ健二さん作の2作を、稽古入りした役者の出番のみ立ち稽古しました。

あらかわさん自身は都合で休みましたが、代わりに指導したのは「座長・マル丸山、」。
もっとも、当人は飲みたがっていたようですが(笑)。

まだ台本を離すことはできませんが、感情の入り・登場人物の背景を探りながら進めました。
登場人物は、昔どんなことがあって今に至るのか。
そこまで考えないと、アマチュアでもいい芝居はできない、ということでしょう。

稽古を終えた後は、マル丸山、と二人で居酒屋陽(はる)(幸町)で小一時間ほど飲みました。
稽古場「ジャンジャン下北沢」から、北へ400mくらいのお店です。

「今日のおすすめ」で、「アンコウ汁」があったので注文。
少々肌寒い昨夜、食べて温まりました。
芝居のことはもちろんですが、お互い40代(!)ですので健康のことまで語りました(笑)。

連休は、残り二日。
事故なく過ごしたいものですね。