ゴキゲンTのごきげん日和

本町など上越市内で活動する「劇団上越ガテンボーイズ」の役者「ごきげん玉井」の、ゴキゲンな日記です。

2014/05/01 12:17 昭和の日に、みどりを考える

今日(1日)は、日中くもり。

早いもので、5月になりました。

南葉山を見れば、緑がだんだん濃くなっていますね。

 

さて、おとといは「昭和の日」。

とはいえ、高田公園にて「みどりのフェスティバル」。

天候くもり、夏日の陽気でお出かけにはちょうどよく、出掛けてきました。

 

さくらロード。

今は緑のカーテンですね。

 

高田農高の花苗販売。

1ポット60円の安さとあって(もちろん品質も)、多くの方が買い求めていました。

 

ポニーも、相変わらずの人気です。

 

ところで、昭和の4月29日といえば、天皇賞(春)でした。

 

三の丸広場も、賑わっています。

 

11時ころから、「緑の少年団」の「緑の募金」。

200円以上の募金で、やまぼうし・椿など木苗がもらえます。

(200円で買うのと同じか)

 

 

緑化は二酸化炭素を減らし、山に水を蓄え洪水を防ぐ自然のダムといったところでしょうか。

また、森林管理の観点から、近年は補助金の交付などで国産林も見直されているようですね。

地球温暖化が進まないよう、できることから考え、コツコツと実行しようと思います。