ゴキゲンTのごきげん日和

本町など上越市内で活動する「劇団上越ガテンボーイズ」の役者「ごきげん玉井」の、ゴキゲンな日記です。

2014/02/13 08:57 劇団上越ガテンボーイズ、テレビ新潟取材のなか稽古

今朝(13日)は、雪。

天気のいいのは昨日一日のみ。いつまで降り続くでしょうか?

 

さて、おとといは「劇団上越ガテンボーイズ」の稽古。

テレビ新潟の夕方ワイド番組「新潟一番」のスタッフさんが、取材に訪れました。

 

主に座長・保坂さんを取り上げています。

放送は18日(火)16時30分頃予定。こちらもどうぞご覧ください。

 

稽古は、細かな動きを取り上げ、良くなるまで何度も繰り返しました。

具体的に書くとネタバレになりますが、本番に向けいろいろ見直しています。

 

昨日は、会場の長岡リリックホールで、参加劇団の共通仕込み。

私は出向いていませんが、シアター・第1スタジオのセットが整ったようです。

 

いよいよ、今夜は本番前、最後の稽古です。

 

 

劇団上越ガテンボーイズ・リリック演劇祭Vol.17 シアターゴーイング参加公演

カラシナ

作・演出 保坂正人

 

出演 たけし・あらかわ健二・保坂正人・ごきげん玉井・斎藤拓馬

スタッフ 茶器・野口誠・磯貝颯(4月から大学生)・内藤義人(先月から新加入)

 

公演日時 2月15日(土) 11:00 15:00

       (公演時間は、おおむね1時間です)

会場 長岡リリックホール・第1スタジオ

    (長岡市千秋三丁目1356-6)

料金 一般1,000円 学生500円(当日は200円増し)

 

 

当日は、雨又は雪になりそうですが、真冬のような寒さにはならないようです。

少々遠いですが、みなさんのお越しをお待ちしています。

 

 

 

 

 

2014/02/11 10:07 劇団上越ガテンボーイズ、リリック演劇祭まであとわずか

今日(11日)は、朝は雪。

陽が当たったものの、まだふわふわと降り続きます。

昨夜は氷点下、つららが伸びています。

 

この後は晴れるでしょうか?

 

 

さて、劇団上越ガテンボーイズ・リリック演劇祭公演(15日)まで、残りわずかとなりました。

昨夜は、高田小町(本町六丁目)とジャンジャン下北沢(本町七丁目)を使って稽古。

高田小町ではやや狭いので、本番会場の広さとほぼ同じジャンジャンで、ムダな動きがないか確認しながら進めました。

劇中で流れるアナウンスの声も、ジャンジャンで録り直し。

無事に録音も終わり、着々と準備を進めています。

 

昨夜は雪が降り積もり、稽古を終えると車の屋根には3㎝ぐらいの雪が溜まっていました。

立春を過ぎてからの寒さ、まだまだ続きます。

 

今後の稽古は、11日(テレビ新潟が取材予定)・13日です。

今週は、長岡リリックホールの会場仕込みにも出向きます。

 

なお、11日の稽古の模様は、都合により13日に紹介します。

 

寒い日が続き、明日は晴れて氷点下5℃まで下がるとか。

この後はようやく気温が上がり、「ガテン」公演当日は雨が降るものの、比較的気温は上がりそうです。

 

上越地方からは少々遠いですが、みなさんのお越しをお待ちしています。

 

2014/02/08 12:02 劇団上越ガテンボーイズ、今週の稽古

今日(8日)は、日中雪。

細かい雪が、勢いよく降り続きます。

先週末の桜咲くころの陽気から一転、火曜日(立春)から真冬の寒さ。

おとといは、とうとう真冬日でした。今日も真冬日でしょうか?

 

さて、「劇団上越ガテンボーイズ」は、今週は5日(水)・昨夜稽古。

「カラシナ」(作・演出 保坂正人)の「リリック演劇祭」公演まで、残り1週間になりました。

 

1日の「リリックホール」での稽古を踏まえ、特定の場面を繰り返しています。

心情・動きがセリフと合っているのか、見直しています。

おかしいと思ったところは、いったん止めて動きを直しています。

椅子の位置も変え、各役者が動きやすくなるようにしました。 

また、役柄も変えて場面を返しました。

動きがやや凝り固まっているかもしれないので、他の役者がどう動くのかも観察しながら進めました。

 

本来なら、おとといも投稿する予定でしたが、仕事の都合でできませんでした。

おとといは、セミナーの参加で新潟市中央区へ。

柏崎まで雪が積もっていましたが、長岡→三条と進むにつれ、雪はなくなっています。

昼食は、新潟駅万代口から東へ徒歩2分の「ぐりるかんだ」へ。

林家木久扇師匠の絵が飾ってるお店、ボリュームある中身と手ごろな値段(700円中心)で人気があります。

新潟市へ行くときは、ほとんどここで昼食です。

 

 

本番まで、稽古日数が少なくなってきました。

一つ一つの動きに、さらに磨きをかけたいと感じています。 

 

リリック演劇祭Vol.17 シアターゴーイング

会場 長岡リリックホール(長岡市千秋三丁目1356-6)

公演スケジュール

2月15日(土) 11:00 15:00 劇団上越ガテンボーイズ(第1スタジオ)

          13:00 17:00 振得座 CheapTheater ゆでたまごの会(シアター)

2月16日(日) 11:00 15:00 ゼラチンズ(第1スタジオ)

2月22日(土) 11:00 15:00 平成ぽこ(第1スタジオ)

          13:00 17:00 劇団☆ASK~another~(シアター)

2月23日(日) 11:00 15:00 Area-Zero(第1スタジオ)

 

1公演券 一般1,000円 学生500円(当日200円増し)

 

詳しくは、リリック演劇祭ホームページをご覧ください。

 

上越地方からは少々遠いですが、みなさんのお越しをお待ちしています。

 

 

 

2014/02/02 21:46 劇団上越ガテンボーイズ、長岡で稽古

今日(2日)は、くもり時々晴れ。

気温は上がり、桜咲くころの陽気。2月とは思えません。

昼間、本町に出掛けました。

この暖かさで、雪灯篭の一部が融けてしまいました。

 

さて、昨日は「劇団上越ガテンボーイズ」長岡リリックホールでの稽古に出掛けました。

「リリック演劇祭Vol.17 シアターゴーイング」本番当日(15日)まで残り2週間。

今回は、プロの演出家の前で披露。

滅多にない、絶好の機会です。

 

天気がよく、渋滞もなく無事に到着。

写真は、長岡リリックホールから撮影。左は長岡赤十字病院、右はハイブ長岡です。

 

稽古前、テレビ新潟(Teny)の方が座長・保坂さんと取材の打ち合わせ。

来週(11日予定)の稽古風景と公演当日を取材。後日、夕方のワイド番組「新潟一番」で放送とのことです。

 

稽古は予定通り、第5スタジオにて13時から開始。

まずは、一通り最初から最後まで「カラシナ」作・演出 保坂正人)を見ていただきました。

 

しばらく休憩のあと、演出家の方からダメ出しとアドバイスなどありました。

当ブログでも、何回か「カラシナ」のあらすじを載せていますが、読んで「?」と思う方もいるかと思います。

まず、「カラシナ」の世界観、あらすじとセリフの整合性など質問がありました。

今回は、導入部分から難しい話であるため、観客が芝居に入っていけるためのアドバイスがありました。

 

登場人物像の作り、セット(椅子)の配置も注文。

また、キャストの動きが足りない点、仕草、声のハリ(大声では声が割れて聞き取りにくい)など、あらゆる点においてダメ出しがありました。

 

セットを変えて、再び稽古。

逆に動きやすくなり、観客はもちろん、キャストにもいいようです。

 

今回の芝居は、演出の保坂さんがキャストとしても出るため、演出の立場からは客観的に見づらい状況でした。

プロの方に見てもらえたことで、メンバー一同充実感を得ることができました。

予定時間をオーバーしたものの、これまでにない稽古ができました。

 

稽古後は、公演会場の第1スタジオへ。

一同、広さなど確認。改めて公演の成功を誓い、気合が入った様子です。

 

夕食は、近くの「リバーサイド千秋」へ。

初めて入りましたが、広いショッピングモールなんですね。

写真は、リバーサイド千秋のゆるきゃら、「リバサイ」です。

 

行き帰りの車中では、今後の「ガテン」の活動も話し合いました。

「カラシナ」を上越で公演するかどうか、「リリック」後の本公演・実験劇場など・・・。

決まり次第、お知らせします。

 

いろんな意味で、いい刺激になりました。

次回稽古は5日(水)。

明日午後から、寒さが戻ってくるとのこと。体調管理に気をつけて本番を向かえます。