ゴキゲンTのごきげん日和

本町など上越市内で活動する「劇団上越ガテンボーイズ」の役者「ごきげん玉井」の、ゴキゲンな日記です。

2016-05-29 22:21:47.0 劇団上越ガテンボーイズ、先週の稽古

今日(29日)は、晴れのちくもり。

夜は雨が降ってきました。

 

今日は、いろんなことがありました。

日本ダービーは、1・2着が接戦の好勝負。

笑点は林家三平師匠が新メンバー、春風亭翔太師匠の司会も合わせて大いに笑わせてもらいました。

 

一方、消費税は来年4月の増税先送りとか。

今後の財政はどうなるのかと思いますが、増税すれば経済が悪くなるとの判断でしょうか?

結果として「単一税率」が維持されるのはいいことですが、決めるなら早くしてほしいものです。

 

 

さて、劇団上越ガテンボーイズ・先週の稽古風景です。

新作脚本での稽古が始まって、一ヶ月が経ちました。

脚本の理解が深まり、セリフが入るとともに感情表現も豊かになってきました。

脚本と演出を手掛けるあらかわ健二さんの指導も厳しくなり、その分レベルの高い稽古になっています。

 

同じ場面を繰り返すことで、課題が見つかる→指導する→課題が見つかる・・・といった感じで、芝居そのもののレベルアップもできています。

公演は秋を目指していますが、しっかりしたものを作っていけるよう心掛けています。

セリフの言い回し・一つ一つの動きを徹底的に考えることで、キャストそれぞれ成長していきたいものです。

 

写真は、稽古中の様子。

 

一つの作品をいい形で完成できるよう、真剣に取り組んでいます。

 

ところで、先日ですが上越タイムスで「くびきの演劇人連盟発足会」での集合写真が載っていました。

連盟への応援も、よろしくお願いします。

2016-05-22 21:49:50.0 劇団上越ガテンボーイズ・先週の稽古と、くびきの演劇人連盟発足会

今日(22日)は、晴れ。

ここ数日、いい天気が続きます。

午前は、事務所裏庭の草取り、野菜の追肥など管理をしていました。

苗はすくすく育って、豊作できるよう管理しています。

 

 

さて、劇団上越ガテンボーイズ・先週の稽古は16・19日でした。

(町家交流館・高田小町「ギャラリー蔵」)

新作脚本の稽古を続けておよそ一ヶ月。

脚本の理解が深まるとと共に、演出・あらかわ健二さんの指導も厳しくなってきました。

いい作品を作るためには、和気あいあいだけではなく時には厳しさも必要。

団員みなダラダラしないよう、気合いを入れ直して取り組んでいます。

 

とはいえ、セリフも確実に入り、感情表現などよくなっていることも確か。

常にレベルアップを図って、いい公演ができるようにしていきます。

 

写真は、休憩中の様子。

いつの間にか、各キャストのポジションが決まっています。

休憩中といっても、脚本の読み込みと確認です。

 

「どう演じればいいのか分からない」との声も。

一人で悩まず、団員みんなで悩み解決しています。

 

明日(23日)は高田小町が第四月曜日で休館日のため、稽古は24・27日です。

さらにいい稽古ができるよう、自宅でも各自本読みをしています。

 

ところで、昨日(21日)はくびきの演劇人連盟発足会が糸魚川市で開かれました。

上越地方の演劇5団体が加盟し、昨年10月に発足。

ようやくですが、最初の親ぼく会を開催しました。

(加盟団体の情報は、連盟のホームページを当ブログにリンクしていますので、どうぞご覧ください)

 

まずは、上越タイムスの方が取材に訪れ、全員で記念撮影。

自己紹介の後、乾杯に移り懇親を深めました。

 

写真は懇親の様子。

団体の枠を超え、親ぼくを深めています。

(写真は、劇団きらら(糸魚川市)と「ガテン」の座長も、他の劇団の方々と懇親中の様子)

 

普段はなかなか話す機会がないので、できるだけ多くの方と話しをしました。

途中では各劇団が「余興」を披露し、さらに盛り上がりました。

演劇活動を通してつながった仲間たち、いい出会いができました。

 

この後一部の参加者は、高田駅近くの居酒屋で「演劇談義」をしたとか。

私は翌日のことがあるので、ここで失礼ました。

 

今後も演劇活動を通じて、地域の盛り上げに貢献していきます。

劇団上越ガテンボーイズほか上越地域の演劇に、応援をよろしくお願いします。

 

2016-05-15 21:53:41.0 上越妙高駅西口・フルサット工事現場を見に行きました

今日(15日)は、晴れ。

夏日の暑さ、もう初夏を通り越したのようです。

そういえば、今日で5月は半分。早いものですね。

 

 

さて、おととい(13日)ですが、上越妙高駅西口の商業施設・フルサット「第二期コンテナ設置工事」を見に出かけました。

当日朝は晴天、妙高山もよく見えます。

残雪は徐々に消え、「はね馬」はもう見られません。

 

3月の第一期工事、私は他の仕事で見ることはできませんでした。

その日は新潟県内のマスコミが多数訪れていましたが、今回はこの時間誰もいませんでした。

 

すでに店舗となるコンテナは到着済み、9時頃から作業開始。

まずは、たんぽぽラーメンのコンテナ設置です。

 

わずかの狂いも許されず、慎重に設置しています。

 

そして、たんぽぽラーメンのコンテナ二つ目の設置。

 

無事に設置を終え、クレーンの綱が外されました。

ご覧のように、丸い窓が特徴です。

 

通路は、こんな感じ。

今週初めには、通路にコンクリートを流し込みました。

 

屋根は「第一期工事」の後、取り付けています。

 

その後、居酒屋尊美(たかみ)のコンテナの設置も終えました。

 

仕事の都合で、作業の見学はここまでです。

 

夕方再び訪れると、すでに小コンテナ店舗の設置も済んでいました。

 

この後は内装・屋根そして駐車場の工事を進め、来月17日のオープンを進めます。

上越妙高駅周辺の風景が、一歩いい方向に変わっています。

 

ところで駅西口の風景は、フルサット周辺を除き再び「お花畑」状態。

新たな出店など、開発はなかなか進みません。

もっとも上越市役所は「民間任せ」(いろんな方に聞くとですが)のようですから、こうなってしまうのでしょうか?

 

ところで、SNSを見るとフルサットに批判の意見が。

「完成が遅い」「当初のデザインパーツが違う」

確かに完成・オープンは、本来なら昨年中の予定より遅れました。

コンテナ店舗の数も、当初より減っています。

 

書き込んだ方は、地方新聞の編集委員とか。

地方紙なら、意見を書く前に「なぜ遅れたのか」など取材したのでしょうか?

批判は自由ですが、フルサット・平原社長がほとんど一人でここまでこぎつけた努力を知るべきです。

資金調達・テナント誘致など、「一人でするのは簡単ではない」と考えますが、みなさんはどう思われますか?

 

また、「コンテナなんて」と思われる方もいますが、中に入れば一般の建物となんら変わりません。

店舗を見て、開店がますます楽しみになりました。

多くの方が利用することを、願っています。

 

上越妙高駅は、「雪月花」の運行でますます人が訪れることでしょう。

 

私も上越妙高駅周辺に関わる者として、どう変化するのか注目していきます。

2016-05-14 10:17:39.0 劇団上越ガテンボーイズ、今週の稽古

今日(14日)は、くもり時々晴れ。

昨日は夏日、徐々に暑くなってきました。

 

先日は野菜苗を植え、少しずつですが成長しています。

野菜は正直、水が切れるとぐったりした感じですが、水やりで回復します。

この週末は、田植えが多いでしょうか?

南葉山の残雪はなくなり、緑が多くなってきました。

 

さて、劇団上越ガテンボーイズ・今週の稽古は9日と13日(町家交流館・高田小町「ギャラリー蔵」)。

新作脚本の稽古は進み、本読みを続けています。

多少動きをつけることで、体で覚えやすくしています。

 

写真は、休憩中の様子。

 

団員みんな、セリフの言い回しや動きに悩みながらも解決すべく考えています。

まだまだ脚本は離せませんが、読みを繰り返すことで感情表現はこれまでより豊かになってきました。

 

ところで、写真でご覧のように、昨春から一年休団していたたけしさんが稽古場に戻ってきました。

しばらく連絡をとっていませんでしたが、まずは元気なようでなによりです。

 

 

このまま順調であれば、初秋に公演ができる予定です。

稲の植え付けから収穫と同じような感じでしょうか?

公演もいい収穫になるよう、心がけていきます。

 

来週の稽古も「ギャラリー蔵」で、16日・19日を予定しています。

2016-05-07 21:40:40.0 劇団上越ガテンボーイズ、今週の稽古

今日(7日)は、雨のちくもり。

昨日から仕事に戻り、今日も仕事でした。

ゴールデンウィークも、雑誌の切り抜きや講師の準備など結局は仕事も交じることになりました。

とはいえボーッとしているよりは、充実していますね。

 

さて、劇団上越ガテンボーイズ・今週の稽古は、2日と6日。

平日に励みました(町家交流館・高田小町「ギャラリー蔵」)。

 

新作の本読みを、引き続き続けています。

まだまだセリフ入れは進みませんが、読みを繰り返して入れています。

 

写真は、稽古の様子。

軽く動きをつけた方がセリフを入れやすい(体で覚えやすい)というわけで、立ちながら読んでいます。

親子役を演じる、まっつんさんと大森瑞希さんです。

(写真がうまく撮影できていませんが、ご了承ください)

感情は、徐々に入ってきました。

今後はセリフの意味を考えながら、いい芝居を作っていきます。

 

そして、休憩中の様子です。

オンとオフを切り替え、リラックスした感じです。

 

来週の稽古は、9日と13日です。

 

 

ところで、今月は税理士事務所(私だけではありません)に再び訪れる繁忙期。

決算から2か月後に「決算の確定」そして「税の申告」ですが、3月決算の会社が多いため、5月も忙しくなります。

 

最近の税理士事務所は、マイナンバーの導入は一段落し、今は「フィンテック(FinTech)」と「消費税の複数(軽減)税率」の対応など、いろいろあります。

インターネットバンキングと会計ソフトが連携するなど、フィンテックの浸透によって当業界も劇的に変化することでしょう。

 

ずいぶん便利になりますが、信頼性の確保など「人間にしかできないこと」はもちろん残ります。

どのように対応していくか、私にとってはこれまでも、そしてこれからも課題といえましょう。