Fly to the August Sky

音楽活動を中心に日々の出来事などを…

2017/05/06 16:04リズム練習

8ビートはノリが第一。

でもハイハットで刻む時と、トップシンバルで刻む時とで、ビミョーにテンポが変わってしまう。

オカズ(フィルイン)の時も走り気味。

 

スローテンポは音符の隙間をシッカリ意識しなくては。

 

バラード系はついつい気持ちが入ってしまって、強弱を忘れてしまう。

 

わかっちゃいるんだけど、癖がなかなか消えない。

 

それでも練習すれば、しただけの効果はでる。

♪ピコパコピコパコ♪と、電子ドラムに内蔵されたメトロノーム先生に叱られながら

 

体感維持できるよう努めます。

 

 

 

 

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

#コバさん、DVDありがとうございました。とても助かっています~☆ベース抜きのカラオケ状態で感覚合わせにはもってこいです(^_-)-☆

シゲちゃ、そうなんだよ、テンポキープって結構難しいんだよね。
アップテンポの早いフレーズって実は弾けさえすればOKなところがあって、スローテンポで複雑な刻みは気を緩められない。
全音符4小説を4分音符分解能で刻めるのか、16分、あるいは32分音符で刻めるかは練習次第なんだろうなぁ。
テンポ120の曲をメトロノーム60や30でカウントさせながら弾くと自分の分解能がよくわかって練習になります^^

投稿者: まねき猫☆ジョー  2017/05/12 23:14

そうそう、クリック音の間隔を空けると
その間の感覚を身に付けるのにいいんだよな。

投稿者: Shige  2017/05/13 15:47

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用