Fly to the August Sky

音楽活動を中心に日々の出来事などを…

2018/11/24 10:36降雪を前に

私の住む団地の造成以来、ずっと空き地だった隣地に住宅が新築されて初めての冬。

 

亡父が我が家に車庫を増築した際、その屋根の軒先が隣地境界ギリギリに作られ

雨水は私有地内に落ちるものの、屋根に雪が積もり雪庇ができると隣地に落下する状態でしたが

今まで空き地だった隣地は、除雪車の雪押し場であり、付近住民の雪捨て場でもあり

気に留める事なく過ごして来ました。

 

ところが今度はそんな訳にはいかない。おまけに雪の落ちる場所はカーポート!

 

隣地の新築工事が始まった頃から、我が家の車庫の軒出を短くするしかないのか?

どれだけの費用がかかるのかと、FASのメンバー、建築屋のこばちゃに相談。

 

「屋根のトタン加工や足場設置も含めれば、ン十万。それよりもいい物がある。」と

教えてくれたのが、「スノーストッパー」と呼ばれる雪庇防止金物。

 

ウェブで調べたら、1枚5000円ほどで自分で取付ければ数万円で済む!

効果も期待できるという事で「これっきゃない!」と、この秋に通販で購入。

 

11月に入り、取付けはまだ先だなと考えていたら、週間予報で雪マークを発見。

この23日に取付けるしかない思っていたが、当日を迎えたら荒れ模様。

「今日は止めておこうか?でも、積もったらヤバいな。」と朝の小雨時に強行。

 

約2時間で完成!

羽付きの雪止め金具の先に雪庇防止板の2重構え。

 

取付終えて、屋根から降りて、片付け終えたらどしゃ降りの大雨!

早めに決断して良かった。亡父も見守ってくれたりして。

 

効果がありますように。それよりも小雪の冬でありますように。

 

 

 

 

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用