井手塾 高田教室

2015/01/28 01:04 「有終の美」を期末テストで 範囲表が出るころです

みなさん、こんばんは。井手塾高田教室の萩野恵太です。

 

こんどの1/31(土)・2/1(日)は、レルヒ祭です。

日本スキー発祥の地といわれる金谷山のほか、

高田の本町通りもイベントやお店が出るようです。

 

31日(土)は、授業と面談で時間が空かないけど、

1日(日)は休みです。子どもを連れて、出かけようかな?

 

そういえば、今年も雪灯籠が立つそうですね。

雪国の風情を感じさせる企画です。

塾生のみなさん、観て楽しみましょう!!

 

でも、そろそろ期末テストの範囲が出始めているようですね。

範囲表を持て来てください。=コピーさせてください。

 

そして、しっかり対策しましょう

対策授業も、理科・社会・国語があります。

 

一年の締めくくりです。「有終の美」を飾ろうね。

2015/01/24 00:15 生徒の言葉に、今日も頑張れます!

みなさん、こんばんは。井手塾高田教室の萩野恵太です。

 

先生がうちの学校の先生だったら良いのに…。」

そういう反実仮想的な発言は、最高の褒め言葉です。

 

ある中2国語クラス

人数こそ少ないものの、授業での議論はレベルが高い。

単なる文章問題演習と答え合わせで終わらない授業です。

(「なぜ?」「どういうこと?」を追究する時間・空間です。)

 

文章の解説では、社会問題や自分自身の問題にもせまる双方向の授業

「井手塾版・白熱教室」と言っても良い!?です。

 

社会の変革・激変期。

今までの価値観が通用しない世の中に対して、どう生きるか?

私と生徒が本気で議論する場面もあります。

 

そんな授業のあとに、ある生徒が残した言葉が、

先生がうちの学校の先生だったら良いのに…。」

 

「ありがとうございます!!」と言いました。

私は、また今日も頑張れます。ホントに、生徒に生かされているなぁ…。

2015/01/21 02:27 私立高の入試始まる 何かが変わったぞ

みなさん、こんばんは。井手塾高田教室の萩野恵太です。

 

最近の傾向を見ていると、

週の後半になると私のブログ更新があるようです。

 

それはさておき、昨日は私立高校の専願・併願入試がありました。

挑んだ中3生も多いようで、お疲れさまでした。

 

新聞発表によれば、

 

上越高校(653名)

     学業推薦専願   6名

     スポーツ推薦専願  14名

     専願1次    85名

     学業推薦併願  12名

     

     スポーツ推薦併願  10名

     併願      526名

 

関根学園高校(784名)

     推薦      33名

     専願1次    99名

     スポーツ専願   39名

     併願     613名

 

上越地区で1437名が受験!!

いったい、何があったのでしょうか?

新校舎、学食と送迎バス、駅伝や野球の活躍…。

それだけではなさそうな、気がします。

2015/01/18 01:48 MAXの力で臨もう だから、耳障りなことも言う。

みなさん、こんばんは。井手塾高田教室の萩野恵太です。

 

3学期が始まって2週間が経ちました。

この時期に私がよく話していることがあります。

それは、入試まで2か月という時期の「意識」について。

 

入試に受かればそれで良い!?

できれば楽をして入りたい!?

 

みんなそうです。

でも、「入ることが目的」「いかに楽をするか」と考えていたら、

あとで自分を肯定できるでしょうか?

 

自分のMAXの力で臨んだかどうかは、その後の自分を決める!

私はそう思います。

だから、今日の中3クラスでは厳しいことも言いました。

耳障りなことも言いました。

 

でも、それが言えるのは今日あたりまでです。

「甘え」を捨てて、今はがんばろぅっさ。

2015/01/17 00:00 「クヨクヨ」して良いとき、ダメなとき

みなさん、こんばんは。井手塾高田教室の萩野恵太です。

 

センター試験を明日に控え、不安を抱えた高3生が高田教室に来てくれました。

センセー、どうしよう…私を勇気づけてっ!

 

必勝ハチマキを巻いた私は、机にキープしてあった「キットカット」を手渡し、

OK! 大丈夫! 自分が難しいと思う問題は周りも難しいと思ってるはず!」と。

 

試験会場の上教大前には、井手塾東進の先生が行きます。

普段と同じように力を発揮できるよう祈っています。

「がんばれ、**(生徒の名前)!!」

 

普段は、「小さなこと(ミス)にクヨクヨすべし。」

(友人のウケウリです、すみません。)

 

でも、試験では「小さなことにクヨクヨすべからず。」

(終わったものを悔いても仕方がない。次の科目に備えよ。)