井手塾 高田教室

2015/06/25 00:12 授業に遅れた場合のマナー講座!?

みなさん、こんばんは。井手塾高田教室の萩野恵太です。

 

昨日・今日は陸上の地区大会でした。会場は糸魚川。

それでも、その後、授業に来てくれた塾生もいます。

ホントにありがとうございます。

 

さて、授業に遅れた場合のマナー講座!?

 

いかなる理由であっても、遅れたことは認め、

この言葉が言えるような人であってほしいです。

「こんにちは。おくれてすみません。」

 

こう言われれば普通ならば、

「いやぁ、よく来たねぇ。今**しているところだよ。」

となります。

 

もちろん、少しでも間に合うように頑張って来たという、

小走り、「すみません」という素ぶりは必要ですね。

 

社会に出れば、それが当たり前。

無断で遅刻・欠席なんて、信頼を損ないます。

 

塾は、勉強さえできればよいという場所ではありません。

人としての礼儀やマナー=社会性をも身につけさせたいですね。

2015/06/24 00:24 周りの人は何してる?

みなさん、こんばんは。井手塾高田教室の萩野恵太です。

 

1学期末の定期テストが返ってきて、それぞれ思うところがあるようです。

 

ある中2女子A。

数学は良かったけど、他の教科が70点台。

このままじゃマズいのは分かってるけど、どうすればよいか分からない。

 

あれもこれもと、自身の課題を挙げればキリがないですよね。

1つで良いから、「まずは**をやる」と決めてみましょう。

そして、行動してみます。

それで、次の塾の公開模試や学校の定期テストで結果が出せたら、

初めて「自信」が持てるのです。

(始める前から「自信」がつくことは、ありません。)

 

先ほどの中2女子。

「スマホを買ってもらえるかどうかで勉強するなんて、次元が低い。

 私はそんなことで勉強するのはイヤだ。」とも言っていました。

スバラシイ!!

 

これ、中2生の話ですよ。

そういえば、今日の附属中2クラス

授業前に教室で静かに自習している生徒がいたなぁ。

同じ時間に、みなさんは何をしていましたか?

2015/06/21 01:51 英語4技能を鍛える 新講座を開講中!

みなさん、こんばんは。井手塾高田教室の萩野恵太です。

 

今日は東進中学NETの体験会と説明会がありました。

 (対象:附属中1年生の塾生・保護者)

 

お休みの日であるにも関わらず、また足元の悪い中、

お越しくださいまして、ありがとうございました。

 

全体の話の後に生徒は部屋を移動して、

2020年の大学入試改革の目玉、英語4技能を鍛える授業を体験しました。

新しい入試1年目となる学年でもあり、親子ともに熱心に参加していました。

 

アンケートの回答によると、

「4技能が必要になることについて詳しく聞けた。」

「英語で話すのは、絶対に必要な力となるのでしょうね。」

「英会話教室のままで良いのか、考えています。」

といったコメントがありました。

2015/06/19 00:58 変わる大学受験 小・中学生が今できることは?

みなさん、こんばんは。井手塾高田教室の萩野恵太です。

 

2020年から大学入試が変わる、という話はだいぶ浸透してきました。

その具体的な内容が8月にも発表されるようです。

 

「変わる」とは言いますが、どう変わるのか?

 ※対象は、現中1以下の学年です。

 

英語は「読む」「書く」「聞く」「話す」4技能が同じ割合で出題されます

(もう、これはご存じのとおりです。)

 

全体的に、記述式の問題が増えます。表現力が試されます

(表現に必要な各教科の知識は言うまでもなく必要です。)

 

実際のところ、新潟県公立高校入試でも、附属中の定期テストでも、

記述・応用問題が各教科で多く出される傾向にあります。

 

つまり、単なる知識の丸暗記では解答できない問題が増えているのです。

 

 

指導要領の改訂も絡んできますので、

大学入試の理科・社会は2023年度から(現小4から)変わるようです。

世界と日本の歴史を踏まえて、記述説明するような総合問題を検討中だそうです。

 

詳細は発表を待つとして、何が言えるのか?

 

ズバリ「丸暗記のみの勉強は通用しない」ということです。

(できごとの経緯や、複数の事例に共通して言えることを説明する力が必要です。)

 =そうは言っても、知識は従来通りにインプットしてください。

 

そして、勉強は、結果ではなく過程が大事」ということです。

(日頃の勉強の仕方が結果を左右するということです。)

 =「どういうこと?」「なぜ?」を大切にしましょう。

 

だから、井手塾高田教室では…

 

  ①間違ってもいいから、

    自分の考えた答えと根拠・理由を自分の言葉で説明しよう。

 

  ②他人の意見・考えを通じて、

    自分の考えを深めよう。 他人の発言・失敗を笑うな!

 

  ③そして、

    自分のこととして考えよう。 授業では一緒に考えます。

 

ぜひ一度、井手塾高田教室の授業を体験してみてください。

2015/06/18 00:24 豊かな社会を創ろう!

みなさん、こんばんは。井手塾高田教室の萩野恵太です。

 

期末テストが終わった人と、残っている人が半々。

明日=18日(木)も午後一番で自習に来ると宣言して帰って行った生徒が多数。

私は、午後1時から来ています。勉強しにおいでよ~!!

 

 **********************************

 

さて、今日の附属中3国語クラス。

「『一見無駄なこと』は必要か?」という話になりました。

 

たとえば、

医者は医学以外の知識は不要なのか?

弁護士は法律だけに詳しければOKか?

 

私は国語と社会の教師でありますが、教科の知識なんて、たかが知れています。

そうではなくて、教科書やノートには書いてないような(書けないような)コト

自ら見聞を広め、考えたり感じたりすることを、大切にしていきたいです

 

日常の生活に終始し、「すぐに役立つこと」ばかりを求めるのは、

人としての潤いというか、幅というか、面白みがない

 

だから、目先のテストに出るかどうかだけではなくて、

全てが自分を面白くしてくれる素養だと思って知識を吸収する。

そういう人々の集まり=社会は、きっと豊かであるに違いありません。