HIROCHING

時間は誰にでも平等に 過ぎていきます 写真を撮ることは 今の自分を振り返る 「時間」になってきました その時の素直な想いを 綴っていければと思います

2009/07/19 19:26よもしろうの滝

「世も知ろう」と思って
行ってきました


写真_よもしろうの滝

車で何度かチャレンジしようと
入口まで行くが
いつも通行止

今日の午後は雨

通行止がありません

与茂四郎さんの純愛伝説が残る滝
西野谷砂防公園の直前に入口があります
林道「南葉山線」

あの滝を撮っておきたくて

昔オフロードバイクで
2~3度行ったので大丈夫

と思いきや

自動車では
想像を超えた悪路
(今は整備もされていないようです)

しかも 雨
想像を絶する悪路

世を知るのは大変なのです


新潟県妙高市西野谷

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

素敵な滝ですね。
初めてお聞きした名前ですが、それだけにご苦労も大変だったようで・・・

投稿者: non  2009/07/19 20:26

世の中を知ろうとすると
厳しい現実がはだかって待っているのですね。

投稿者: ノンのん [URL]  2009/07/19 20:29

今年も山菜採りで春先出かけましたが、
あの林道はすごいです。

投稿者: 怜 [URL]  2009/07/20 07:40

nonさん、こんにちわ
ありがとうございます
ふつうだったら引き返すと思います。
昔行ったことがあるので、何とかなるだろう
と思ったのが、焦りまくりの連続でした。

投稿者: ひろっち [URL]  2009/07/20 08:14

ノンのんさん、こんにちわ
ありがとうございます
厳しい現実でした。
落石の跡、ガレ場の道、川になった道
地割れ、道を覆い尽くすブッシュ、
普通の車が行くところではありません
でした。ハイ。

投稿者: ひろっち [URL]  2009/07/20 08:18

怜さん、こんにちわ
ありがとうございます
通行止めが解除されていたので
雨にもかかわらず行ってみました。
滝の写真を撮れただけラッキーでした。
戻るのもしゃくなので、そのまま大毛無山の
ふもとまで上がったら、すてきな舗装道路。
元ARAIスキー場を通って無事帰ってきました。

投稿者: ひろっち [URL]  2009/07/20 08:21

お疲れ様でした。
とても涼しい気分になりました。

投稿者: papa [URL]  2009/07/20 23:18

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用