上越老人福祉協会 スタッフブログ

ご利用者の日常や施設行事の様子を掲載しています。

2017-08-10 17:28:22.0 防災訓練しました

 

 

 

 

まずは消火器の訓練です。この日は町内会役員の方々も参加して、

一緒に訓練しました。 町内会の方がいてくれると心強い限りです。

 

  

夜間に出火した想定の訓練です。

宿直の方が本番さながらに館内放送をしています。

評価する職員も、つい本気モードになる迫真の訓練でした。

 

 

入居者の方々は無事に避難完了、参加者全員で

反省会を行い、災害への備えをしっかり確認しました。

皆さんも万全の注意で災害から身を守りましょう。 🚒 🚑 🚒

 

 

 

2017-07-28 09:59:13.0 健康寿命について考える

  

戦後間もない昭和22年の平均寿命は男性50.06歳、女性53.96歳。

人生50年時代であった。これが昭和35年になると男性65.32歳、女性70.19歳。

そして平成27年では男性80.75歳、女性86.99歳(厚生労働省調査による)となる。

 

 

70年弱で実に男性で30歳、女性で34歳平均寿命が延びたことになる。

これは食事の変化や運動意識の定着による実践、    

何よりストレスフルな社会を乗り切る生命力の強化がもたらす結果であり、

頼もしい限りである。

しかし、手放しで喜んでばかりもいられない状況が、あちらこちらに見て取れる。

平成12年4月の介護認定者数は218万人、平成28年4月は621.5万人と

2.85倍(厚生労働省調査による)になっている。この調子で推移していくと、

介護認定者数はこの後どういうことになるんだろう、このままでいくと世の中は

どうなるのかと思ってしまう。               

                                                       

生きることと健康を真剣に考えなければなら  

ない。ただ長生きをすれば良いということではなく、健康で長生きしてこその

人生である。漫談で言われるように「ピンピンコロリ」、達者で暮らしてコロッと

逝きたいというのが、世の中の願望のようである。

 そのためにはどうすればよいのか、個人毎の生活状況により若干の違いは

あるにしても、基本的には快食・快眠・快便・適度な運動が大切である。

もう一つ大事なことは、早期発見・早期治療だと思う。医療機関の適切な受診は

健康維持に不可欠のものであり、お医者さんの力も借りて健康を維持していきましょう。

当たり前のことを書き連ねてきたが、普通に生きることが難しい世の中なので、

どうしたら普通に暮らせるか、自分の中でしっかりと考えていかなければならない。

 達者で長生きをして益々健康寿命を延ばし、老いることが輝く社会をみんなで

作っていこうではありませんか。

                                                                   

                                                                          千寿園 園長 T

 

 

2017-07-21 08:57:17.0 薬の正しい扱い方講演会

 

 上越地域医療センター病院さんから講師をお招きして、薬の

正しい扱い方について教えてもらいました。

 

 

 入居しておられる方々が大勢集まり、身近な薬についての講演を

熱心に聞いて、しっかり質問し、きっちり答えてもらいました。