上越老人福祉協会 スタッフブログ

ご利用者の日常や施設行事の様子を掲載しています。

2017-12-07 19:13:11.0 みんなで生活するということ

 平成29年11月30日現在、当園には49人の方が入居している。一口に49人

とは言うが、それぞれの顔が違い、体形が異なるように、園内には49通りの生

き方がある。生きてきた環境や経験が異なり、違いがあるのは当然のことである。 

 

                           

 

 その生き方が、良くも悪くも作用するのが集団生活である。

できれば隣近所仲良く、和気あいあいと生きたいところだが、どっこいそれほど

世の中甘くない。あの人の事が気になり、その動作が癇に障り、大きな声が出る、

活字では表現できない状況も有ったり無かったり…。

 面倒なことばかりではなく、楽し気なことも沢山あるのがみんなでの生活。

一人より二人、二人より大勢で。

 

  

 

 みんな同じ千寿園で生活する人であり、上も下もなく、それぞれがマイペース

で生活を楽しんでもらいたい。

 入居している方々は人生の大先輩であり、生意気を承知で、あえて言わせてもらう。

 

・感謝の気持ちを持ちながら

・お互いの生活を尊重し

・譲り合いの精神で暮らす

 

 老人ホームは皆さんが心穏やかに安心して生活できるところでありたい。

 

                                          千寿園 園長 T

2017-11-30 12:24:30.0 花の贈呈式

 

 

11月14日(火)

老人クラブ連合会及びさくら工房フラワーセンターの方が

お花の贈呈に来て下さいました。

 

 

 

色鮮やかなパンジー、ビオラ、菊の花を

いただきました。

 

 

また、老人クラブ連合会の方から

パンジーとビオラの違い、花の育て方

花言葉など花にまつわる知識を

教えていただきました。

 

 

園長からお言葉通り、生活の彩に

いただいた花が皆様の側に寄り添うよう

大切に育てていきたいと思います。

ありがとうございました。

 

                千寿園 栄養士

 

 

2017-11-21 14:32:35.0 秋の外出ツアー

秋の外出ツアー

 

今回は牧区の木草庵にお蕎麦を食べに行きました。ざる蕎麦を食べる方もいれば、

寒くなりましたので温かいお蕎麦を食べる方もいました。身体が温まりますね。

なぜかうどんの人もいました(^_^;)

 

                         

建物もとても雰囲気のいい所でゆっくりとお食事ができました。