じょうやく 活動報告ブログ

上越薬剤師会の活動の一部をご紹介しています。

2011-07-07 10:32:20.0 アスマン通風乾湿計

学校薬剤師が行っている環境衛生定期検査。
学校の薬品管理や水質管理、教室の換気や照明、机・椅子・黒板のチェック・・・
などなど、数多くの衛生基準をチェックしています。

検査項目のひとつ、教室の湿度を測定する機器を1台購入しましたので、
取扱いについてご紹介します。


「アスマン通風乾湿計」です。 三脚とセットで貸出します。
3721_1309824922.jpg


箱を開けた状態です。
3721_1309824915.jpg


取り出してみます。
3721_1309824909.jpg
左上から湿度計算尺、予備のガーゼ、試験成績書、
下が取扱説明書、そして右端が乾湿計本体です。


三脚を立てて、本体を設置します。
検査の際は、教室の邪魔にならないところに設置してください。
3721_1309824903.jpg


↓このように吊り下げて設置します。
3721_1309824897.jpg


電池は入れてありますが、ACアダプターも付属していますので
近くにコンセントがある場合はACアダプターを使用してください。

箱の左端を開けると、ACアダプター、給水ボトル、給水ポットが収納されています。
3721_1309824892.jpg


白い箱がACアダプターです。
3721_1309824886.jpg


本体頭部の左側面のDCジャックに接続してお使いください。
3721_1309824880.jpg


給水ポットを設置し、導水ひもを給水ポットに入れます。
3721_1309829081.jpg

3721_1309824874.jpg


給水ボトルで給水ポットに八分目まで水を入れます。
3721_1309824868.jpg


本体頭部のPOWERスイッチを押してオレンジ色(ON)にしてください。
通風ファンが回転を始めます。
3721_1309824863.jpg


約5分以上経過して示度が一定になってから測定を始めて下さい。
↓左が乾球、右が湿球
3721_1309824856.jpg


計算尺または換算表により相対湿度を求めます。

計算尺では、乾球と湿球の温度を合わせると下の小窓に相対湿度が示されます。
例えば乾球25度、湿球18度のとき、湿度は50%です。
3721_1309824844.jpg

換算表では乾球と湿球の温度差及び湿球の温度から求めます。
取扱説明書の巻末に換算表が載っています。
(縦軸:湿球温度、横軸:乾球と湿球の温度差)



使用後は元通りに納めて返却してください。

会には1台しかありませんので、前もっての予約と、使用後は速やかに返却をお願いします。

なお、上越市でも所有していますので、担当校にお願いしておくと、検査当日に用意しておいてくれます。まずは担当校に聞いてみてください。
取扱説明書をご確認の上、検査にあたってください。