Kids体育クラブ

クラブの案内・お知らせ

2020/05/31 15:31コロナ禍に思うこと

 3月より長い間、休講措置を取らせていただきました。クラブ員をはじめ、保護者の方々にはご迷惑をおかけし、大変申し訳ありませんでした。「何とか子どもたちに運動ができる機会を!」と会場や時間を変え実施した際には、快く皆様が集まってくださいました。この様子を目の当たりにした時、指導者として本当に感動し、クラブを主催する意義を改めて実感しました。

この2ヵ月半ちかく、どのように皆様と関わりをつなげていったらよいかと悩みました。ニュース等で紹介されるような動画配信やWeb講習をやろうかとも考えましたが、やはり直接会って、同じ空間でコミュニケーションを取りながら活動する以外「kids体育クラブ」は成り立たないと考えました。休講の期間、皆さまはどのように過ごされたでしょうか? 6月より再開できそうな状況となり、指導者として楽しみな限りです。しかし、日本においても未だ新型コロナウイルスが終息したわけではありません。3密・感染予防に気を付けながら、活動を再開させていこうと思っております。今後ともご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。(ご参加前には最新情報をご確認ください。)

 

 私は休講の間、健康寿命についていくつかの本を読みました。健康寿命とは、「平均寿命-介護が必要になった期間」で表されます。運動ができる3間「時間・空間・仲間」の確保が難しい現代社会と言われはじめてから大分経ちますが、コロナ禍で更に確保が難しくなり、介護が必要になる高齢者が増えるのではと懸念されています。介護が必要になる原因には色々とありますが、私たちが今できる対策は、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)にならないよう筋肉量を維持することと骨量を維持することです。これは保護者の皆様の世代には大変必要かつ重要なことですが、若いうち、そう、子どものうちからもできることがあります。「運動することが苦ではない」という意識を今のうちから根付かせることです。もちろん、運動すれば必ず筋肉量は維持できますし、増やすこともできます。しかも、運動により骨に刺激を与えることで骨も成長しますし、免疫力の向上にも役立ちます。ですから、おのずと子どもの頃の運動の必要性は見えてきます。でも、その運動を無理にやらせるとどうでしょうか?運動に参加すること自体難儀であり、その行為は心にとって決して良い効果があるわけではなく、心と体のつながりを考えると運動で得られる効果は半減すると思います。ですから、子どもたちが自ら運動の必要性を感じるとともに、「運動って楽しい!」という感覚を教育することが大切なのです。

 教育というと堅苦しく感じられますが、要は運動を継続して行うことです。運動ができる3間「時間・空間・仲間」に身を置き、運動を体験し、その体験の中で「失敗したね→練習したよ→できた→認められた→嬉しいな→楽しいね」の感覚を積み重ねることで「運動することに負担を感じない、むしろ快感を覚える」心を養っていくことだと考えます。この「認められた」の部分に大人の出番があるのです。保護者の皆様に見守られ、できた瞬間を共有することや報告を聞いた時に言葉やスキンシップで子供たちの心を抱きしめてあげることが何よりの教育キットです。運動能力の成長や習得には個人差がありますが、「みんな違って、それでいい!」「間違いはない!やり直せばそれでOK!」といった心で是非子どもたちに寄り添っていただけたらと思います。また、この心を育むことが運動に対する消極性を縮小するためには必要と考えますし、この状況となった社会にはこれから特に大切だと再認識しました。

 更に今後、自分を表現する力も重要になると思います。ニュースを見ていると、インターハイや甲子園が中止になった件での多くの報道が見受けられます。その中にはマイナスな心を持つ大人からの激励のコメントや対策案も数多くあります。しかし、全ての子どもたちはそこで止まってはいません。受験へ目標をスイッチしたり、大人を巻き込みながら自分達でアピールする場をネット上に作っている子どもたちもたくさんいます。とても素晴らしいことだと思います。何かに一生懸命打ち込んでいる子どもたちは、その先をしっかりと見つめて自分を一生懸命アピールし始めています。自分らしさをアピールする術をしっかり考えて行動しています。この積極性・向上性・自分を表現する力を育むことも今後のクラブ運営において必要なのではないかと考えました。このコロナ禍は当クラブにとってマイナスなことばかりではなく、一つのヒントを与えてくれたように思います。

これからの不安定な社会を生き生きと生きていく子ども達に少しでも何か良い働きかけができるよう頑張っていきます。どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします。

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用