Kids体育クラブ

クラブの案内・お知らせ

2013/03/20 12:58正しいこと

先日、久しぶりにお友達の心に心からぶつかりました。
指導補助の立場ではほとんどないことなのですが、たまたま指導前に私との関わりの中で生じた出来事に「このままにできない!」という、私の心の声に体が動き、言葉が溢れてきました。

目と目を合わせて心から話す時は、正直迷いもありました。このお友達はこのことで気持ちを乱し、この後のクラブ活動が出来ないのではないだろうか。今このような形でぶつかることは、このお友達にとって一番良い方法なのだろうかと。
しかし、このお友達と今まで培ってきた時間が生んでくれたであろう信頼関係を信じてそのままぶつかり合いました。

その後、心配しながら様子を見ていましたが、そのお友達は必死に自分の気持ちを落ちつかせ、しっかりと気持ちを切り替えてくれました。そして、いつも以上にクラブを頑張ってくれました。

この一件でそのお友達の心の成長を目の当たりにできたことや、そのお友達とのクラブでの時間が私との心のつながりを強く作っていたことがとても嬉しく、今回このようなことを書かせていただきました。

(加えて、そのお友達のご父兄をはじめ、皆さんがその様子を見守り、その後もそっとしておいてくださったことに感謝し、お礼を申しあげます。)

今回の件はクラブ開始前でしたが、時として、クラブ中に体育指導とは関係ない部分でお子さん方に指導することが多々あります。何が正しく、何をもって物事に向かえばよいか…。子どもたちにとっては、つまらなく、時には意味が半分も分からないこともあるでしょう。
しかし、私たちには伝える責任があります。義務があります。「kids体育クラブ」に席を置いていただいている以上、私たちが考える正しいこと、教えてもらう姿勢、学ぼうとする心構えも習得して欲しいと思っているからです。

私たちが考える正しいこととは道義(人としてふみ行うべき正しい道)です。
例えば、クラブでは走る前にスタートラインから少しでも足が出ていたら指摘し、直させています。本来なら、競争しているわけではないので、グレーゾーンとして見逃していいことです。社会には濃淡様々なグレーゾーンがたくさんあります。ポイ捨て、土足…。子どものうちからそれを安易に受け入れていたら、大きくなってブラックに近いグレーゾーンを平気で行うようになるのではないかと懸念しています。でも、決められた線からスタートするというような些細なことにも目を向け守ることができていたら、様々なことに対してホワイトに近いグレーゾーンで行動する=良識のある大人になれるのではないかと考えるからです。

一人の大人として未来を担う子どもたちに道義を指し示せたらと思い、貴重なクラブの時間を削って心の指導をしています。これが当クラブの特色です。ご父兄の方々がこの間(指導時間を過ぎる時もありますが)、何も言わずに耳を傾けてくださっていることに日々感謝しております。しかし、まだまだ未熟であり、私たちの一方的な価値観での説教であることは否めません。何かご指摘等があれば、いつでも、どうぞお申し出ください。
今後とも、kids体育クラブをよろしくお願いいたします。

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用