名古屋市で振袖を楽しむ

振袖を楽しんできてみましょう。名古屋にはたくさん呉服屋さんがありますね。

2015-06-14 13:38:29.0現代風の色合わせで振り袖を楽しく着ましょう

私の振袖は姉が選んだものです。姉妹2人だったので、姉が成人式を迎えた時に買ったものです。 半分位絞りが入り、裾には大輪の花が描かれた綺麗な振り袖でした。また、帯は長く使うので良いものをと母に言われ、着物より高い物を買ったそうです。

その振り袖を、6年前の私の娘の成人式でも着せました。 今考えれば、振袖はあったのですから17、8歳位から着せれば良かったです。

流石に、私が着た時より25年位経っていたので、伊達衿や帯締め、帯揚げ等は買い替えになりました。 その時、私は着物に関しては知識が乏しく、不安だったのですが、母が 「着物にも流行があるから、洋服と同じような色の組み合わせでいいのよ」 と言われたことを思い出しました。

そこで、伊達衿も着物屋さんが選んだ辛子色は娘が老けて見えたので、「私なら・・・」と、着物の柄の色にもある青緑を選びました。着物屋さんも良い選択だと言ってくれました。 また、その青緑に合わせて、髪飾りは濃いピンク、ショッキングピンクを落ち着かせたような色を選ぶと、それも良いと言われました。振袖 名古屋

お母様やおばあさまの振袖を着られる方も多いと思いますが、そんな時は、自分の感性で小物を選んで構いません。 好きな色を組み合わせて、18歳位の時から、お正月や親戚の結婚式、また親戚同士のお食事会等で何度も着て欲しいと思います。