ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2009-11-27 18:46:51.0会話の有る家庭に感激

明るい母親に元気な娘、食卓の明るい会話や笑い声が聞こえてくるようです。
家庭や地域で其々の役割を誰に言われなくとも果たして行く。
其の有り方が家庭や地域で違っているのが当たり前。
物真似では無く個々の家庭や地域の在り方が有って良いと思います。


3087_125931468100.jpg
 「男女協働参画」等云われなくても其々で役割を果たして行く、これが本当の姿の「協働参画」だと思います。
協働参画は、男女・地域・行政、等其々相手に対し求める物で無く、自発的意思で築き挙げる物ではないでしょうか。
「みぃ」さんの様な家庭で生活する、お嬢さんや家族の皆さん幸せだと思います。  

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用