ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2009-12-28 07:51:05.0半島と大陸の勢力・2

此の伽那連盟都は六つの地方勢力都市によって成り立っていたと思われる。「『伽那連盟』の主体と成った金官伽那の建国を紀元前四二年」としている。」

伽那は自国の勢力保持の為、新羅、百済と同盟を結び高句麗に対抗したり、中国南朝に使臣を送った」。

しかし「新羅、百済の中間に位置した為、両国の駆逐の対象と成った」ともし、「六世紀前半、新羅、百済等の侵略を受け除々に縮小した。
3087_126195416300.jpg
特に新羅はこの地域に、百済・倭の勢力が影響を及ぼす事を恐れ急遽、軍隊を起こし併合した(五三二年)。」「また大伽那連盟王国は新羅と同盟をかろうじて勢力を維持したが連盟内で分裂が起き562年に新羅に併合された」としている。

他にも「伽那」について小国ながら「農耕文化」が進み古墳遺跡から金銅冠、鉄製武器が発掘されこれらの製品により倭とも交易を行って居た事のも書かれて居り、特に伽那土器は、日本の須恵器に直接的な影響を与えたとしている。
3087_126195421300.jpg
その後朝鮮半島の高句麗・新羅・百済の三国は牽制、協力しながら隋・唐の侵略に対抗したが七世紀末大陸勢力の「渤海」が建国された。(この項世界の教科書シリーズ「韓国の歴史」より引用)

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用