ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2010/04/15 07:58政治家の感覚

国の政治家とは此の程度か。

今日から「越・頸城の成り立ち」で糸魚川方面の事を書くつもりで居ました。

が、新党の「略称」で問題が有った様なので一言。

昨日も書いた「たちあがれ日本」の略称が「日本」で届けたとかで、先に此の略称で届けていた「新党日本」の代表、田中康夫氏が憤慨している様子が放映された。
3087_127128582900.jpg
此れに関して「たちあがれ日本」の関係者が「田中康夫」なんかと「関係ないから知らない、」と無責任とも取れる要旨の発言をしていた。

なんと無責任な関係者だろうか、こんな人が「たちあがれ日本」を作って国民の信頼を受けられると思っているのだろうか、国政にかかわっている人達がこんなに「身勝手」な人達なのだろうか。

此れでは「自民党」は「自分党」と云われた人の集まりであった事も頷ける。
3087_127128586900.jpg
矢張り此れから「日本」を立ち上がらせようとするなら、手続き上問題ないとしても、もう少し細かい見識・心遣いが必要な様に思うが如何だろうか。

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用