ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2010/07/27 16:10夏の寒さ体験

省エネ生活

一週間のご無沙汰でした。
昔こんな一言で始まる人気歌謡番組が有った。
3087_128021452100.jpg
小生のブログも一週間のご無沙汰でした。

珍しく早くあけた「梅雨」

直江津へ御神輿が帰らなければ「梅雨」が明けないと云われていたが今年は違う。
炎天下で高田の祇園祭が行われた。

25日夕方局地的降雨が有ったが高田はどうだったか。
小生が居た施設近くは雨が降った。

26日夜は施設屋上で「遠花火」、直江津の花火見物。
3087_128021455700.jpg
だが此の施設生活、中々大変「4人の共同生活」。
部屋頭らしき人が自由に温度管理。

25度以下の温度設定も有る。
冷房な苦手な小生仕方なく「廊下」に避難。

聞く処に依ると此の低温管理で、何人かの「部屋替え」も有ったとか。

今、巷では省エネで28度管理が普通だが、大人の社会でも我慢が足りないのか。

それとも小生が古代人的生活で冷暖房に慣れていないのか

それでも今日から最も自然な「暑かったら脱ごう」団扇で省エネ生活と成る。

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用