ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2010/10/28 11:30市長への再質問・清里中、雨漏り問題・1

昨日掲載した、清里中雨漏り問題の市からの回答に対し、再度のお尋ねを致しました。
上越市の、工事発注や、工事監理がどの様な物なのかなぜこのような問題が起きてしまったのか等の検証をするため、質問内容、回答を掲載しています。

質問内容、一の1に付いて

「特記仕様書に施工方法が記載されている・・」の記述が有り、此れは通常以上の注意を払うべき施工方法と理解されます。

そう致しますとこれらの施工に関する、材料搬入等、此の工事を行うに足りる、材料搬入、施工方法の確認が、発注者及び工事監督者等に求められるべきです

発注者、及び工事監督者はこの責任を果たして居なかったと思われます


この責任は重大です

此れらから回答の責任分担における、業者責任による再工事は正しかったのですか。

一の1後段に於いて、 責任比重はの問いに対し、

発注者・設計管理者・施工業者の其々に、其れなりの責任が有ったとされますが何故「施工業者責任」で葺き替え工事が行われたのでしょうか

それとも 「葺き替え工事」費用は其々の責任度合いにより、分割負担されたのでしょうか。

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用