ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2011/03/16 06:40災害被災者救援の為に、ボランテア派遣対策の改善・3

5・被災住民の嘆き(下図上)

イ・被災者は混乱して居ます

被災家屋の現状をどの様に復旧するか、良く分からないのが現状です。

何を何処に頼んだらいいのか、分かりません。

其の住民に対応出来る日頃の心構えが必要です。


ロ・行政も混乱して居ます

自分の担当外の事にも対応出来る、災害訓練が必要です。

幾ら訓練して居ても災害の現実は違います、応急判断・即応性が大切です。

ハ・何とか被災者がボラセンに辿りつき、復旧相談・ボランテア派遣等を求めます。

其の時十分に対応出来ますか。

色んなボランテアが集まって居ます、其の把拍運用が出来ますか。
3087_128874089700.jpg


6・此れが今までのボラセンの流れです。(上図下)

 此れを改善する必要が有ったはずです。
 貴方は気付きましたか。どんな対応をしましたか。 
 
言われる侭の対応では既に時代遅れに成る事が有ります。
 
自らの意識改革が大切です。 

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用