ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2011-01-27 08:17:47.0一斉雪降ろし・気の抜けた非常対応協議。

上越市高田地域の一斉雪降ろしを、2月4・5日に実施すべく町内会長の意見を27日聞くらしい。小生から見たら非常に気の長い話・気の抜けた話合いのい様に感じる。

一斉雪降ろしは「緊急事態対応」「非常事態」の対応で有るはずである。

行政情報として現状の「屋根雪重量」が非常事態に当たるかどうかである。

その中で、車庫や庇の雪害が何故起きているのか、検証対策が必要である

10日も後の事を協議するには、今後の気象情報が重要に成る。
報道によれば今度の土日曜頃、大雪が予想されている様だ。

こんな事からの「一斉雪降ろし協議」なのだろうか。
雪降ろしには、行政の排雪手配、各家庭の人的手配・町内会の対応、此れら、どれが欠けても困るので「長期間対応」なのだろうか。
3087_129608376000.jpg 3087_129608378000.jpg
豪雪も非常災害対策・地震や水害も非常事態対応、今度の土日曜の対応が出来ないはずもない。
此の対応、現状は雪おろしが必要無いとい事なのだろう。

我々豪雪地帯住民として必要な事は、理論は別として、生活住宅より、車庫・倉庫、雁木等の庇が、降雪耐力に劣る事を知り対応すべきである。
3087_129608382300.jpg
小生、此の一週間に高田大町・南城の知人宅の雪降ろしをした、云える事は今年の雪は「非常に重い」と云う事である


自分の家の状態を知り対応する事が肝要の様です。

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

一斉雪下ろしの件、同感です。
私も1月26日16:00頃市役所に電話で「東本町3,4丁目
では昨日から今日に掛けてしびれを切らし業者に頼んで雪下ろしをしてトラックで排雪している世帯が多い
し、雁木の状態を見ると中央がたわんで来て危険な状態の所もあるので一斉雪下ろしの判断は?」と聞きました。返答は「今、会議が終わり市としては一斉雪下ろしをしてもいいという結論を出し町内会長に伝えました。明日町内会長が協議してやると判断するした町内はやるでしょう。でも多分やるところがほとんどと
思いますが」なんて責任を町内会長に押し付ける
ような逃げ口上。「明日雪下ろしが決まっても、決まって即実施とはいかないので週末になるのでは?」
「それは分かりません。」「現にもう下している人も
急に増えましたよ」「個人でやって片付けるのは
自由ですよ。不安なら先にやっても結構ですよ」
「一斉雪下ろしの時以外にやるのはタダで無いですよ」「そうですが、町内で決めて日程を確定する
だけですので…」こんな調子ではどうにもならない
ので雁木だけ下し消雪パイプの出ている所に広げ
つついたり踏んだりして時間を掛け融かしました。
そして27日の発表で2/5,6決定との事。ふざけるな
町家に住む人のもっと降ったらつぶれるかもという
恐怖が分からない人たちが除雪対策をするなと怒りが
わきます。

投稿者: 天使の夢 [URL]  2011-01-28 03:08:36.0

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用