ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2011/05/30 11:14検証・高田平野の津波被害は・3

27日岐阜市で、当NPOの総会が有った。
総会後、東日本大震災の今後の対応について話し合った。

6月に入り、小生約半月、宮城県での活動と成りそうである。

28日朝、岐阜をたち、高山線経由で、富山を回り帰って来た。

谷浜からトンネルに入った、直江津五智裏手の高台の住宅地域に電車は抜ける

此の住宅地域に住む人たち、直江津海岸から津波は来ないと思っているのではないだろうか

(被災地のトンネル天井には津波が来た残骸の痕跡)
3087_130657339700.jpg


国道八号線の郷津トンネルを抜けた地域の人たちの考えは、如何だろうか
(海が見えないところでも津波のが襲った痕跡が有る)
3087_130657341900.jpg


又犀浜8里と云われた砂丘地帯の東に広がる穀倉地帯、柿崎・大潟・頸城、そして直江津の工業地帯。

柿崎川、新堀川、保倉川、そして関川、津波が来た時、この河川から津波はどんな遡上をするのだろうか。
(穀倉地帯の無残な姿)
3087_130657375300.jpg


空が落ちる心配と云うかもしれない

だが今回、その空が落ちたのでは、ないだろうか

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用