ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2012/01/27 20:57豪雪に驚くな。屋根雪掘りは比重を考えて

連日50cm以上の降雪続きます。

今回の雪は気温が低い為、降雪量の割に重量は軽いと思われます、特に山間部では。

軽い雪は簡単に崩れる事が有ります

屋根雪掘りの時、軒先の軽い雪はセッピと成って足を踏み外しやすい

くれぐれも掘り始めや、梯子から屋根に移動時は十分な注意を

ハシゴは屋根の積雪部分より上にまで届く梯子で

そして屋根に移る際は軒先部分の雪止めより上に足をかける事

雪止めより下だと雪が滑り落ちる事も、そんな事が起きれは落下事故となる。

足元はかんじき使用か滑り止めを安全第一慌てず作業を

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用