ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2012/02/04 19:46急傾斜の屋根雪掘りの安全対策

亡姉の草庵の雪掘りに苦労している。

萱ぶき屋根にトタンを掛けたもの。

その下に庇が付いている。

普通の寒さだと何とか下まで自然落下、後は小型除雪機だ何とか出来る。

今回は、寒さがひどいので、急斜面の途中で雪がつかえて仕舞た

昨日その閊えた雪の上まで梯子を掛け其処から雪おろしを始めた。

高さ約6m位其処から徐々に雪を掘りだす。

自分より上に雪が無いようにする

昔から急斜面の雪おろしの原則

もし落ちても雪の下になる事は無い。

生活の知恵から生まれた行動

現実に屋根雪と共に下までと成ったが、覚悟の作業なので対応できた。

しかし現在の雪掘りニュースの映像ではそんな事には無頓着

そんな事も指導ができないボランテア対策。

其処に問題が有ると思うのだが・・・

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用