ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2013-04-11 18:20:40.0専門知識持つ人の助言待つ・この記事は大丈夫か

地域紙の住民連絡コーナー記事。

この中に、リホーム工事で高額請求書等で困って居ます。

専門知識を持つ人の助言を求めると有る。

この様な記事、間違うと困っている方が二重被害に会う恐れもある。

行政や、警察の対応が大切と、両機関担当に困っている方が、二重被害?に会わない様に助言を、と電話した。

震災等の住宅工事等では、高額請求書に困ったとの話はよく有る事。

老人世帯等での高額リホーム工事、重複の話はよく有る。

世の中、善人だけでは無い、この方に適切な、助言を関係機関に求めたい。

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用