ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2013-11-11 09:30:07.0防災講話二題

これ等を纏めるのも訓練の内か。9日10日と妙高市でボランテアスタッフ養成講座が開かれました。

 

9日はボランテアセンター設立訓練

 

10日はボラセン運営訓練でした。

 

共に5人~6人のグループに分かれての、図上訓練図の作成。

 

共に構成人員の個性が多出、議論沸騰。

 

これ等を纏めるのも訓練の内か。

 

そして纏めた物の発表を行う。

 

 

 

 

 

9日夜は清里区の防災士の会で、地域の避難所の設営や避難所運営の初歩対策を聞いた。

 

参加者は町内会長・町内役員・防災士の会会員等15名ほど

 

共に講師は、新潟災害ボランテアネットワーク事務局長、李仁鉄氏。

 

 

講話を地域に生かすにはどんな対策が必要か、地域の課題は多い様である。

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用