ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2014/12/02 10:46白馬村から帰ってきました

1日の白馬村は朝から降雨状態。

お昼前から豪雨の状態。

ボラセンも午後から、一般ボラの屋外活動は取りやめ。

其れでの、専門活動家の、テクニカルチームは解体作業等続行。

断層付近の堀之内地区・三日市場での作業である。

この地域、避難所指定の公民館も全壊状態。

倒壊家屋は道路をふさぐ。

 

我は、降雪前土蔵等の緊急作業。

 

2日から降雪情報に活動を一時中止、帰宅した。

途中、糸魚川付近から暴風雨の悩まされる。

午後6時前帰宅。

冬型装備と、作業道具を持って、再度白馬村に行ける体制整備中。

しかし、要請がなければ、老体はストーブ奉行専念となります。

 

 

 

 

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用