ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2015-03-14 09:15:53.0ときめかれるか。三セク波乱の始発電車

北陸新幹線上越妙高駅・開通に浮かれている。

25日頃、はくたか551号の長野・上越妙高駅間に空席が有る事が解った

並行在来線は如何なる、そんなことから、座席指定券を入手。

駅員曰く、最後の一枚ですと

 

当日朝5時前家を出た。

上越妙高駅に5時31分発の一番電車が着いたのは10分遅れ。

其れが二本木駅を目の前に立ち往生、三人の乗務員は右往左往。

乗客数はおよそ30名。長野乗り継ぎを心配する人が多数。

何とか二本木に着いたが、そこで運転中止。

この間乗客に対するせ説明は無い。説明を求められやっと説明、それも要領をかく。

後続の電車の乗り換えるか、上越妙高駅に引き返すか、の判断は乗客任せ。

妙高高原駅乗り換えを選択、駅に着いたが、しなの鉄道の豊野・妙高高原駅間は不通との事。

仕方が無く上越妙高駅に引き返す。

JR線から三つに分割された路線、その連絡体制は十分なのか。

この地域は「ときめき」となるのか、本当に輝けるのか。

課題が浮き彫りにされた運行初日を経験した。

 

 

 

二本木駅考え込む人

妙高高原駅待合室

 

 

Comments

宮澤さん
ご苦労様です。
いつもブログは意見しております。ご自愛下さい。

投稿者: 中肖壮  2015-03-15 12:35:06.423195

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用