ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2017/01/26 11:47糸魚川大火の反省・最大の防火対策は

糸魚川大火から一か月、災害地の方付けが進むと共に、再建対策が進んでいる。

その中の防災対策がいろんな専門家の話が聞かれる。電球

 

あの日我が家では、こんな日に火事など出したら大変だね・・・の話炎

糸魚川の南風事故と云えば、蒲原沢の大規模地滑り災害が思い出された。

間も無く火災発生の報道、お昼過ぎにはローカルニュースから全国的特別報道に・・・。火山

 

強風・市内道路の狭さ・消防力の不足などから延焼が続いたとされる。

日本の木造建築、防火対策上は欠点だらけである。爆弾

 

それを防ぐのは「防火意識」の向上が最大の対策。

今回の原因「料理中」の現場から調理人が離れたこと。ブーイング

 

こんな事がなぜ起きたのか、気になる所

これ等の事を参考に今後の対策を考えてほしい。

 

これは個人の責任追及ではない、事故原因を確認することが大切パトライト

過去の出来事を参考に対策を考えなければならない。OK!

 

 

 

 

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用