ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2009/09/06 19:59 熱病から一週間

熱病のような衆議院選挙から一週間、貴方は何を感じましたか。
「郵政に懲りず交替闊歩する」。政権交代が行われ、此の新潟県、そして6区の実情は良くなるのでしょうか。新潟県の小選挙区は全員民主党議員となり、復活当選は零、関東地区から見て私たち新潟県は明らかな「後進県」其の新潟県の中でも「6区」はまた遅れてはいないでしょうか。
復活当選の制度必ずしも評判は良くない。しかし後進地域では、国政のパイプは多いほど良い。この制度を上手く使えば6区から二人の代議士選出は可能、今回は上手くいかなかった。
他県に目を向けると、石川、福井の小選挙区はは其々定員3、しかし復活制度を上手く使い
定員の倍の代議士を当選させた。
福井県には名だたる選挙指南役が存在していた、それが今回の選挙結果なのか、それとも「玉」が良かったのか、選挙民が賢かったのか、ただ言える事は国政のパイプは多いほど良い
地域発展に何が必要か、10月には「首長選挙」悔いの無い主権者と成りたい者ですね・・。