ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2009/09/14 19:03 怪封書到着

土曜日「市名を考える市民の会」の集会が開かれた。今後の活動や、市長選挙の立候補予定者に、他の団体と共同で「質問書」を出し、今後の地域づくり、特に新幹線駅名や「市名」に対する住民意見の取り入れ等に対する考え方をお聞きする方向となった。また「住民自治を考える会」では告示直前に住民自治に対する集会を開くべく動く事になった。
 先日友達から、市長選に関して「怪文書」なるものが出ていると聞いた。また選挙費用に関してこのブログにも書いた。
 今日「上越市の未来を案ずる会」為る処から封書が届いた。中身は選挙に関して特定の人の所業に関しての事であった。まだこんな文書で選挙民が惑わされる、と思っているとしたら、選挙民も甘く見られたものである。この怪文書を出した魂胆は明らかである私たちは賢い選挙民で有る事を示したいと思う。