ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2009/10/05 07:51 中越沖震災シンポ報告書完成

 シンポ報告書完成
6月27日に刈羽村で行った「震災復旧・復興会議シンポ」の纏めが、3カ月掛りようやく出来上がり、先日送られてきた。現地でのボランテア活動一年余、シンポの打ち合わせ、準備に約半年、災害対応等、現場の声、そして東京都下での震災対策等話し合われた。


3087_125469592800.jpg
防災の専門家に混じり何故か小生の報告もある。全53頁の報告書、小生の部分6頁。合わせて送られた、シンポのビデオ、全3時間強の内にも約20分弱、
一介の大工も、知らない人が見れば防災の専門家に見えるか?。

3087_125469613900.jpg

何事も一生懸命にやる事が大切 「霞を喰ったか」「人を喰ったか」は別、いつ来るかの災害、対応は十分、その対応が活かされないのが何よりである。今後このブログにも。柏崎・刈羽・宮城内陸震災の対応を書かせて頂ければと思っている。
 今日夜7時から板倉区総合事務所3階で板倉の防災士の皆さんとの研修会が有る。有意義な研修会としたい