ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2009/10/10 10:59 人、我を「ドンキホーテ」と呼ぶ

「ドンカズ」のゆえん。
人、何故か我を 「ドンキホーテ」と呼ぶ。其ゆえんは、今から20数年前ある新聞社から、毎月当村内で出していた「ミニコミ紙」の取材を受けた。その記事に私の行動が「ドンキホーテ」の様だと書かれた事に始まる。
3087_125513114800.jpg
 余り良い呼ばれ方ではなかったが、折角の愛称を頂いたので、名前の一字を入れ「ドンカズ」と称することにした。
私には「サンチョパンサ」為る執事はいないし、馬も飼えない、わが愛車「ランクル」「馬」として乗り、各地を回っている。

3087_125513214600.jpg
年をとっても「ドンキホーテ」の性格は変わらないようで、相も変わらず大きな相手にかみついている。この噛みつく力は強いらしく「歯医者」でも認証済みのようだ。
行政等に不満が有っても言葉に出しての行動は我が地域では少ない。行動し少しでも庶民の声を行政に反映していくのが「ドンカズ」の役割と思って今日も走り回っている。