ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2009/10/31 18:49 参考・引用させて頂いた文献に付いて

越・クビキの成り立ちについては以下の文献を参考にさせて頂きました。

大日本地名辞書・吉田東伍書(冨山房)
大日本歴史地名大系・新潟県の地名(平凡社)
古代地名語源辞典・楠原祐介他(東京堂出版)
日本古代史地名辞典・加藤謙吉他(雄山閣)
古代地名大辞典本編・角川歴彦(角川書店)
地名語源辞典・山中襄太(校倉書房)
古志の城柵・小林昌二(古志書院)
頚城郡誌
頚城村村史
清里村村史
訂正越後頸城郡誌稿
三和村誌
新潟県地名考
柏崎市史
蝦夷と東北戦争・吉川弘文館・鈴木拓也書
古代蝦夷・吉川弘文館・工藤雅樹書
此の他韓国及び日本の高校用歴史教科書を、参考にさせていただきました

2009/10/31 15:30 高志国・越国・から越後へ・2

高志国(越国)から越後の成り立ち・2
大化の改新後、高志国(越)北部の我が地域は、大和政権の北上の前進基地と成り、大化三年(六四七年)渟足柵が作られ、翌年磐船柵が置かれた。
文武天皇二年(六九八)渟足柵と磐船柵が「越後国」とされたとある。ここを蝦夷征伐に基地として六五八年蝦夷を打ち、渟代・津軽に郡領を定めたとされる。


3087_125696971000.jpg
越後国の成立は、前・中・後の三国同時とするなら持統天皇三年(六八九)年から六年九月の間と推定されると言う。
此の頃の越後国の南限は信濃川・阿賀野川河口付近だとされる。
此の頃の両河川の河口は一つだったと思われる。
此の事から当初の越後の影響力は、渟足柵以北、秋田、津軽地域までだとも考えられる。
又他の文献等によれば、渟足柵・磐船柵と出羽郡が第一次越後国とされたとする説も有る。
(下図は江戸時代の越後古図)

3087_125697005700.jpg
その後この越後の領域に大宝二年(七〇二)越中国から頚城・古志・魚沼・蒲原の四郡を割き越後に加えた。
此の時の越後の南端境は越中国新川郡と成った。
和銅元年(七〇八)年新たに出羽郡が作られ同五年九月出羽郡は越後国から独立して「出羽国」と成り概ね現在の新潟県が越後とされ領域が確定した事に成る。