ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2009-11-05 08:00:49.0 中越沖震災シンポ報告・3、地盤と揺れ

地盤と揺れの関係
これが今回の地震で、主な県内及び長野の震度です。上越市の一部は柏崎と接していますから、一番強い所で6弱です。私の所はもう大分離れていますので5弱という事です。 


3087_125737447900.jpg
 これは柏崎の地盤の特徴です。
柏崎の地層はこう成っていると云う事です。
これが高速道と国道18号線、ここに川があります、116号が有って、ここが砂丘です。
それから柏崎界隈の特徴として、用水溜池が非常に多いんです。
用水溜池が多いために、その周りが崩れて溜池方向に、敷地崩壊が起きている。
そして深いところでは40メートル以上にならないと支持基盤がないんです。
これが柏崎の地盤の特徴です。
ですから皆さんも帰られたら、自分の住んでいる所の地盤は、どういう成り立ち出できているかという事を、まず確認して下さい。


3087_125737481700.jpg
柏刈地域の地盤の特徴で沖積層、砂層、等が多く地耐力が無かった等の問題が多く揺れが強く住宅被害が多かったと思われます。
皆さんも自分の地域の、地盤形成、および地理を十分検討され、地震・水害・津波・土砂災害・が起きうる可能性と対応を考えて下さい。


3087_125737551900.jpg