ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2009-11-10 11:46:21.0 政治屋のマニフェスト

マニフェストは国民を騙す為に有り。
政治とは如何に国民をだます物「これが原則」か国民を騙す事などなんとも思わない群団が「政治家」いや「政治屋」なのだろう。
消費税は「福祉目的税」議論から始まり、何時の間にか「一般税」として固定化、今は税率を如何するかの議論となっている。
郵政選挙で多数を得た「自民党政権」総理のたらいまわしで、やりたい放題、そして惨敗。
政権交代、ガソリンの暫定税率廃止「環境税」設立へ、此の税金環境を守っている農山村の森林資源を守る為に使うのか。


3087_125782078300.jpg
子供たちへの手当設立、年寄りや子供の無い配偶者はどうなる。
高速道の無料化、渋滞や他の交通機関の衰退問題、不適格運転者の事故増大等問題も多く此れ等を云い訳に「骨抜き」の可能性。
沖縄の基地問題や、軍事的海外協力も如何成る。
小沢チルドレンよ、あなたたちの四年後の運命は、小泉チルドレンの今の姿、そうならない為如何にすべきか 「政権党」の課題である。

2009-11-10 08:03:44.0 久比岐に住み付いた人は?

高志(古志)が先、久比岐が先?
もし水運により「高志」の地名が生まれたとしたなら、「高志国」が大和朝廷以前に開発され、一つの文化圏が形成されて居たとしたなら、 「高志文化」は米山を越え「久比岐」に伝わった事も十分考えられる。
又ほかの文献に見られる「久比岐」の国造が大和朝廷に追認されたとされる部分が有るが、其れをどの様に考えるかで有る。
大和朝廷に追認されたとする「久比岐」地域、大和人から見た原住民、俗に「アイヌ人」と言われる人たちだった可能性も大きいように思える。
「久比岐」地域にはアイヌ人(原住民)が多く住み、出雲族が長野県諏訪地方移動の際彼らの薬方八種を伝えられたの説も有る。

此の地域に住んで居た人達を征伐しようとした「大和の国造」集団との戦いは単に蝦夷征伐だけで片付ける事のできない事柄と成るように思えてくる。



3087_125780745200.jpg

それは大和民族には無い、原住民が生活上得ていた「生活術」の取り入れと云う問題が有ったのではないだろうか。