ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2009-11-17 10:48:08.0 中越沖震災シンポ報告・8。9月からの活動

これは、私が今度9月10日から約6カ月以上、柏崎と刈羽に通っていました。
さっき言った後藤さんと一緒にやりながら遣った活動、被災住宅の被災程度を確認、そしてボランアが作業を安全に行う為の対策を行ったいました。

後藤さん達が御帰りになった後、1人でこういう住宅のところを回っていたということです


3087_125841404000.jpg

下図は柏崎の曾地という所の被災住宅です。
この柱がここで折れていたんです。
この対応は生活物資を搬出する為の安全確認です。
この裏にあった2階の縁側の廊下が歩けない状態でした。
ですからそこを補強して、品物を出せる様にする、それと住宅全般の改修相談を受けております。



3087_125841435000.jpg

私が被災住宅の改修相談に当たって、一番困った事は「家族内」の意見が纏まっておらず、家族内で「改築派」と「改修派」の意見が対立している事が多かったです。
こんな時はまず家族内でよく話し合う事を進めるしかないと云う事です。曾地での住宅はその後全面改築が行われました。