ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2009-12-14 18:25:14.0 牡蠣は死して訴える

加茂湖の牡蠣が大量に死んだ。

知事は台風で大量の雨水及び土砂が入りこんだのが原因ではないかと話す。

一方、報道等に依れば加茂湖の「海水導入ポンプ」いたみ、其の修理に4カ月もかかったとされる。

そんな事が有ったから知事は早々に「台風の影響」を話したのではないか。


3087_126077892300.jpg
前に気仙沼における「山は海の恋人」の話を掲載した。

加茂湖の牡蠣の問題は過去にも有った記憶が有る。

そんな経緯で「海水導入」が始まったのか、詳細は分からない。

其の導入海水で加茂湖の牡蠣は、何とか育っていたのではないか。

そうだとすれば「海水導入」は恋人どころか「命の綱」それを断ち切られれば牡蠣は生きてゆけない。


3087_126077935300.jpg
それほど大切な事だとの感覚は「県職員」には無かったのか。

そんな態度が新聞記事から感じる。

今の県知事の下では当然かもしれない。

新潟県は独自で生きてゆけない事を全ての県民が自覚すべきである。

牡蠣によらず、全ての「施策対応」は「迅速」が肝要県職員よ心して対応を!!。 

2009-12-14 08:06:22.0 行政の云い分と住民

行政の理屈と住民
行政は施策を進める中で自分に「都合のよい理屈をダンプでは運んでくる」と云われている。
それが住民の為に成るかを判断し、賛否を決めるのが議員で、機関としての「議会」の議決は絶対で有る。

市長を頂点とする行政機関が進めようとしている施策を正しく判断する力が「議員」に必要である。

その説明がどの様なものなのか、川口町の過去の話題が7日の朝日新聞に掲載された。

町長に成った、元課長に議員は「財政難の現況になったハコモノ開発の担当課長は貴方ではないか」に町長は「当時課長でしたが、組織の中で私の意見は通らず、後には予算査定にも立会出来ないほどしていました。
が、議会で担当課長で有る為、職員で有る為に建設を肯定する説明を自責の念に駆られながらせざるを得なったのです」と当時の経緯が書かれている。


3087_126074502300.jpg
でも議会での説明は間違っていても、議会で可決されれば絶対であり行政機関の一員としての責任は免れないと思う。

又議会議員も職員の本当に云いたい意見を導き出すだけの技量が必要である。



3087_126074520500.jpg
その為には議員は市長与党とは成らず、独自の見解と度量が必要と成る、上越市の新市長の方向転換、本当に正しいのか、また木浦市政の与党的立場の議員は今までの行政対応の姿勢を住民に、どのように説明するのだろうか。

議員としての、議会議決の責任をどの様に感じているのだろうか。